もみじ饅頭(広島の名物)

/ 「中国地方の名物・お土産・特産」


  コメント

やまだ屋のもみじ饅頭がハラル認証を取得

株式会社やまだ屋(所在:広島県廿日市市、代表取締役社長:中村靖富満)は「もみじ饅頭」やその他菓子商品などに対してハラル認証を取得した。

https://inboundnavi.jp/yamadaya-momiji-manju-halal

 (投稿者 Anonymous さん : 2016年09月14日)

地元民も太鼓判!広島定番お土産【もみじまんじゅう】絶品銘柄はこの3つ

藤い屋『もみじまんじゅう』(こしあん)
にしき堂の『もみじ饅頭』(こしあん)
にしき堂の『生もみじ』

http://getnews.jp/archives/1495290

 (投稿者 Anonymous さん : 2016年07月23日)

森永キャラメル入りもみじ饅頭

柿羊羹 祇園坊などの和菓子で知られる平安堂梅坪から、森永キャラメルソースを使用したもみじ饅頭「キャラメルもみじ」が2016年1月7日に発売されました。

しっかりと焼き色のついた「キャラメルもみじ」は1個91円。バラ売りもされているので、広島土産のほか、ちょっとしたオヤツにも。2016年1月現在、広島市中区本通りの店舗(広島市中区本通8-18)他、広島駅など平安堂梅坪全店で発売中です。

http://news.goo.ne.jp/article/tabetainjya/region/tabetainjya-20160120113223890.html

 (投稿者 Anonymous さん : 2016年01月20日)

もみじ饅頭の原材料加えたお酒

 広島県廿日市市の酒造会社「中国醸造」が、広島銘菓・もみじ饅頭まんじゅうの原材料を使ったリキュール(360ミリ・リットル、1050円)を発売した。

 廿日市市の宮島は、もみじ饅頭の発祥の地とされる。「話題性のある商品を作ろう」と、リキュールの製造過程で、もみじ饅頭に使われている小豆や卵黄、蜂蜜などを加えた。牛乳で割ると、ちょうどいい甘さという。

http://www.yomiuri.co.jp/gourmet/news/business/20131120-OYT8T00331.htm

 (投稿者 アイムトン さん : 2013年11月20日)

アツアツのハートマーク入り「もみじまんじゅう」

 「恋人の聖地」に選ばれた宮島(広島県廿日市市)の弥山(みせん)(535メートル)山頂近くの「不消霊火堂(きえずのれいかどう)」にあやかり、宮島ロープウエーは10日、カップルがハートマーク入りの「もみじまんじゅう」を焼けるコーナーを頂上近くの獅子岩駅内に開く。

 霊火堂の「消えずの火」は、1200年以上、燃え続けていると伝えられ、静岡県のNPO法人が昨年10月、「恋人の聖地」に認定。パワースポットブームでカップルの姿も目立つようになり、同社が企画した。

 「ハートインもみじ」と名付けられ、ハート形の顔を中央に配置。専用の機械にあんと生地を入れ、数分間の共同作業で完成。同社の中山和樹営業所長(51)は「愛情を込めた焼きたてまんじゅうのように、二人の仲も熱くなってほしい」と話す。

 体験料は、1人4個で300円。カップルは8個500円。問い合わせは同社(0829・44・0316)。

http://www.yomiuri.co.jp/gourmet/news/business/20101210-OYT8T00762.htm

 (投稿者 カムラオ さん : 2010年12月12日)


 コメントしてください
実際に体験した感想や、新しい情報等がありましたら、ぜひ投稿してください。








 トラックバック

現在トラックバックは受け付けておりません

戻る

(C) 全国の名物 - クチコミLOG 2005-17