盛岡冷麺(岩手の名物)

/ 「東北の名物・お土産・特産」


  コメント

「盛岡三大麺」岩手国体選手に人気 飲食店にぎわう

全国の競技関係者らが訪れている県内の冬季国体会場地で、地元の名物料理などを振る舞う飲食店がにぎわいを見せている。盛岡市の盛岡駅周辺では「盛岡三大麺」の店が人気。一部に〝肩透かし〟の声も聞かれるが、関係者は創意工夫を重ねて10月の本大会に期待する。

 同市の焼き肉・冷麺のぴょんぴょん舎盛岡駅前店は大会開幕後、各地の選手団が来店。30日夜は福岡県の役員7人が焼き肉を囲んだ。同県体育協会の隈本真(くまもとまこと)さん(23)は「国体は各地の食も楽しみ。じゃじゃ麺も食べたが最後のスープが珍しいね」と笑顔を見せた。

https://www.iwate-np.co.jp/cgi-bin/topnews.cgi?20160131_6

 (投稿者 Anonymous さん : 2016年02月01日)

盛岡冷麺、本場韓国へ 「ぴょんぴょん舎」のれん分け

 焼き肉と盛岡冷麺の店を県内外で展開する「ぴょんぴょん舎」が7日、韓国・ソウルにオープンする。辺龍雄社長(65)がかねて抱いていた「韓国出店」の夢を託したのは、プロバスケットボール・岩手ビッグブルズの元選手シン・ジェロックさん(30)=ソウル出身。異国の地でアレンジされた古里の味にほれ込み、母国でも「いける」と辺社長に申し出、修業を積んだ。ノウハウをたたき込まれた青年が、盛岡の味で本場に乗り込む。

http://www.iwate-np.co.jp/cgi-bin/topnews.cgi?20140307_2

 (投稿者 アイムトン さん : 2014年03月07日)


 コメントしてください
実際に体験した感想や、新しい情報等がありましたら、ぜひ投稿してください。








 トラックバック

現在トラックバックは受け付けておりません

戻る

(C) 全国の名物 - クチコミLOG 2005-17