投稿へ

有明の海苔(佐賀)

/ 九州の名物・お土産・特産


  コメント

大腸がん予防には葉酸の多い海苔が効果的|みんなの家庭の医学

大腸がんの予防に「葉酸」が効果|葉酸を多く摂って飲酒しない人ほど大腸がんになりにくい|愛知がんセンターで紹介した愛知県がんセンター研究所の研究チームによれば、ホウレンソウ、春菊、小松菜、レバーなどに含まれる葉酸を多く摂って、飲酒しない人程、大腸がんになりにくいそうです。

焼き海苔に換算すると、1日16枚食べればよいそうです。

https://hakuraidou.com/blog/54459/

 (投稿者 Anonymous さん : 2018年05月12日)

海苔が不作で値上がり 原因は海がきれいになりすぎたから?

毎日の食卓に欠かせない海苔に異変が起きている。海苔の卸値は4年連続で上昇。5年間で約1.5倍になった。築地の店でも、「やむなく値上げさせてもらっている」という。品薄になれば、値が上がるのはものの道理だが、その原因が、「海がきれいになりすぎたから」となると、ちょっと考え込んでしまう。

佐賀県は有明海苔で有名。海苔の生産量は全国1位。佐賀市は2007年冬から、季節別運転管理を実施。水質基準内でリンの除去を少なくした結果、海苔がまた戻った。先の「真っ黒、ふさふさ」はその結果というわけだ。実は、昨年10月の時点で、瀬戸内海や三河湾など35か所で実施しているという。

https://www.j-cast.com/tv/2018/01/29319773.html

 (投稿者 Anonymous さん : 2018年01月29日)

「佐賀海苔有明海一番」 検査員試験 62人挑戦 神埼市

 有明海産ノリの最高級ブランド「佐賀海苔(のり)有明海一番」を審査する食味検査員の試験が2日、神埼市神埼町の西九州大であり、県内外から9-67歳の男女62人が味覚試験に挑戦した。

 有明海一番は、県と県有明海漁協が2007年度から売り出しているブランドで、1万枚当たり3枚程度しか認定されない。秋ノリ、冬ノリの一番摘みの中から厳選される。この審査に当たるのが食味検査員で、過去の合格率は25・5%。

 受験者は、八つのコップに入った水溶液から、甘味、うま味、塩味、苦味、酸味の5種類の味を識別する試験と、ノリの柔らかさの判別に挑戦。水で口直ししながら、何度も味を確かめる姿が見られた。白石町福富の主婦田口サヨ子さん(67)は「自分の味覚を確かめようと挑戦したが、甘味とうま味の違いが分かりにくかった」。合格者は11月以降、有明海一番の選定に加わる。

http://www.nishinippon.co.jp/nnp/item/201295

 (投稿者 すめあぐる さん : 2010年10月04日)


 コメントしてください
実際に体験した感想や、新しい情報等がありましたら、ぜひ投稿してください。








 トラックバック

現在トラックバックは受け付けておりません

戻る



(C) 全国の名物 - クチコミLOG 2005-18