晩白柚(熊本の名物)

/ 「九州の名物・お土産・特産」


  コメント

中国の春節、「縁起のいい」日本食材人気 輸出増加

 中華圏の春節(旧正月)を受け、現地で縁起がいいとされる日本食材の輸出が増えている。イオンは初めてかんきつ類「晩白柚(ばんぺいゆ)」の大型品を投入した。中国での読み方や形状が好まれるという。現地の祝い事に欠かせない赤リンゴの販売も拡大しており価格も上昇している。

http://www.nikkei.com/article/DGXLASDJ03H2I_S6A210C1EAF000/

 (投稿者 Anonymous さん : 2016年02月13日)

八代特産のバンペイユ、香港へ 輸出が本格化

 八代特産のバンペイユの香港輸出が今年から本格化し、15日、出発式の後、3千個が八代市の八代港で船積みされた。試行輸出だった昨年に1800個が完売し、増量になった。

 バンペイユは世界最大のかんきつ類とされ、同市と氷川町の生産量が全国の95%以上を占める。2013年には両市町と流通大手のイオン(千葉市)、JAなどが連携し、「県やつしろ晩白柚ブランド推進協議会」が発足。販売戦略を探る中、イオンが輸出を提案し、JAやつしろが実現させた。

https://kumanichi.com/news/local/main/20160115006.xhtml

 (投稿者 Anonymous さん : 2016年01月16日)

ずっしり晩白柚、甘みも重量級 熊本・八代、出荷ピーク

 熊本県八代市特産の晩白柚(ばんぺいゆ)が出荷のピークを迎えている。直径約20センチ、重さ2キロほどのかんきつ類だ。

 今年は11月中旬から収穫が始まった。収穫すると、糖度を上げて色づきを整えるため、約1週間ビニールハウスで追熟してから出荷する。正月の贈答用に注文が集まるため、12月20日ころまでが出荷のピークという。

出荷は3月下旬まで続き、県内や福岡県を中心に、全国へ出荷される。

http://www.asahi.com/articles/ASHDL4RNXHDLTQIP00B.html

 (投稿者 Anonymous さん : 2015年12月22日)

「世界一大きい」かんきつ類、晩白柚でゆず湯


入浴客を喜ばせた「晩白柚」(20日、万葉超音波温泉で)
 かんきつ類では大きさが世界一とされる「晩白柚ばんぺいゆ」を使い、無病息災を願う「ゆず湯」が22日の冬至を前に、長野県千曲市磯部の日帰り温泉施設「万葉超音波温泉」にお目見えした。

 巨大“ユズ”を使った季節風呂は3年目。さわやかな香りが特徴で、サッカーボールよりやや大きい直径約30センチ、重さ約3キロの約20個が湯船に浮かぶ。

http://www.yomiuri.co.jp/national/20151220-OYT1T50098.html?from=ytop_main8

 (投稿者 Anonymous さん : 2015年12月21日)

特産・バンペイユの収穫始まる 八代市のハウス

 八代地方特産のバンペイユのハウスでの収穫が始まった。「台風などの被害もなく、玉太りも味もいい」と生産者。ハウスものの収穫は年内いっぱい続く。

 八代市奈良木町の福田清和さん(38)は18日朝から、家族4人で収穫をスタート。約50アールの無加温ハウスで、直径20センチ前後、重さ2キロほどに実ったバンペイユを丁寧にはさみで切り取り、コンテナに積み込んだ。

 「初夏の日照時間が短かったため、数はやや少ないものの、糖度、酸味は例年並みに仕上がった」と福田さん。色と糖度を増すため、保存用ハウスに約1週間置いた後、主に九州各県へ出荷する。贈答用として2千円程度で取引される。

 露地ものの収穫は12月中旬に始まり、来年1月中旬まで続く

http://kumanichi.com/news/local/main/20101118005.shtml

 (投稿者 カムラオ さん : 2010年11月19日)


 コメントしてください
実際に体験した感想や、新しい情報等がありましたら、ぜひ投稿してください。








 トラックバック

現在トラックバックは受け付けておりません

戻る

(C) 全国の名物 - クチコミLOG 2005-17