ひっぱりだこ飯(兵庫の名物)

/ 「関西の名物・お土産・特産」


  コメント

半夏生にタコ食べよう 明石で7月1日イベント

 夏至から数えて11日目の半夏生(はんげしょう)(今年は7月1日)にタコを食べる風習を広め、明石ダコやまちをPRするイベント「明石半夏生たこまつり」が1日、兵庫県明石市内で始まる。

 関西では、旬を迎えて栄養価の高いタコを田植え後に迎える半夏生に食べ、稲が吸盤のようにしっかりと根付くことを願掛けする風習がある。

http://www.kobe-np.co.jp/news/shakai/201606/0009229145.shtml

 (投稿者 Anonymous さん : 2016年06月28日)

食パン、紅茶、タコ消費全国1位 神戸市

 総務省の家計調査による品目別都市ランキング(2013~15年の年平均値)で、神戸市は食パンの購入量・購入額、紅茶とタコの購入額で全国1位となった。

 タコの購入額は年間1956円。「明石ダコ」として名高いマダコの漁獲量が日本一とされる明石市と隣接している影響とみられる。

https://www.kobe-np.co.jp/news/shakai/201604/0008973765.shtml

 (投稿者 Anonymous さん : 2016年04月10日)

タコのグルメ 倉敷・児島に集結 西日本3地区の味、20日初開催

 倉敷市児島地区をはじめ、タコを特産品とする西日本3地区の自慢の味を集めた「三大たこグルメ道場」が20日、同市児島駅前のJR児島駅前広場で開かれる。

 倉敷市、児島商工会議所、児島駅前商店街連盟でつくる実行委が初めて開催。呼び掛けに応じた児島地区の店舗や三原市の三原商栄会連合会、兵庫県明石市の明石観光協会など計8団体が出店。たこ塩焼そば(児島)、たこ天(三原)、明石焼(明石)といったタコを使ったご当地グルメを販売する。

http://www.sanyonews.jp/article/316856

 (投稿者 Anonymous さん : 2016年03月19日)

明石の海産物、シーフードショーでPR 市漁連

 兵庫県明石市の市漁業組合連合会(市漁連)が、ATCアジア太平洋トレードセンター(大阪市住之江区)で18日に開幕した水産物の展示商談会「第13回シーフードショー大阪」に初めて出展。タコやノリ、ワカメなど、明石の海産物をPRした。

 市漁連は、ゆでたタコや高品質のノリ、新鮮なワカメを試食として用意。ブースにはタコやタイのポスターやのぼりを飾り、明石の魚介類を紹介するチラシを配布した。漁協の職員らは、ブースを訪れた業者と名刺を交換し、明石の漁業の特徴や海産物の魅力を伝えていた。

 東二見漁協の男性(27)は「明石ダコの認知度は高く、『食べるとやはりおいしい』と評価してもらえた。

http://www.kobe-np.co.jp/news/akashi/201602/0008816874.shtml

 (投稿者 Anonymous さん : 2016年02月19日)


 コメントしてください
実際に体験した感想や、新しい情報等がありましたら、ぜひ投稿してください。








 トラックバック

現在トラックバックは受け付けておりません

戻る

(C) 全国の名物 - クチコミLOG 2005-17