とらふぐ(山口の名物)

/ 「中国地方の名物・お土産・特産」


  コメント

福を呼ぶフグ 寒くなるほどうまくなる

 全国唯一のフグの専門市場、下関市南風泊(はえどまり)市場は一年で最も忙しい季節を迎えている。全国から集まったフグがセリにかけられ、生きたままもしくは有毒部位を取り除いた「みがきふぐ」として消費地に出回る。17年の養殖トラフグの卸値は、1キロあたり2500~3千円前後と前年同期と比べ3割安い。最も需要が増える年末に向け「消費が盛り上がってほしい」と下関ふく連盟の見原宏理事長は期待を込める。

https://style.nikkei.com/article/DGXMZO23679830Q7A121C1000000?channel=DF260120166493

 (投稿者 Anonymous さん : 2017年11月25日)

フグ肝ふくらむ安全論争…食用解禁巡り対立

 猛毒で、食品衛生法で客への提供が禁止されているフグ肝の安全性を巡る論争が白熱している。「養殖フグの無毒化」で食用化を目指す佐賀県が国に解禁を求めたのに対し、フグの業界団体などは「食中毒で死者が出かねない」と猛反発。濃厚で「禁断の味」ともいわれるフグ肝を食べられる日は来るのか。

http://www.yomiuri.co.jp/osaka/news/20160626-OYO1T50000.html

 (投稿者 Anonymous さん : 2016年06月27日)

日本人のフグ離れ深刻化 実はこんなに安くてうまい?「フグの大衆化」の裏側

 フグちりは2012年、「おごってもらいたい」部門で1位に輝いたが、翌13年には2位、今年は3位とランクを落とし続けている。実はフグの場合、生産も消費も基本的に「西高東低」とされ、それが弱点になっているようなのだ。

 例えば漁獲量は養殖も含むと1位・長崎、2位・熊本、3位・愛媛、4位・石川、5位・香川――の順位となり、圧倒的に西日本が多い。消費も一般に「大阪6割、東京3割」といわれ、地域差の少ない牛肉とは対照的だ。

http://news.livedoor.com/article/detail/9605413/

 (投稿者 Anonymous さん : 2014年12月23日)

外国人が美味しそうだけど勇気がいる食べ物1位「フグの刺身“てっさ”」

米リーダーズダイジェスト誌に掲載された、世界の“珍料理トップ10”をご紹介します。

1位 日本:フグの刺身“てっさ”
猛毒を持つとイメージされているフグは外国人にとって“死ぬ覚悟”で挑む食べ物のようです。

http://news.livedoor.com/article/detail/8530217/

 (投稿者 アイムトン さん : 2014年02月12日)

冬の味覚、フグ初競り 下関

 冬の味覚、フグのシーズン到来を告げる恒例行事「初競り」が24日未明、フグの取扱量日本一を誇る山口県下関市の南風泊市場であり、天然や養殖のトラフグ約4トンが次々に競り落とされた。最高値は1キロ当たり1万5千円で、昨年より4千円値上がりした。

http://sankei.jp.msn.com/region/news/130924/ymc13092412580000-n1.htm

 (投稿者 アイムトン さん : 2013年09月25日)

フグ漁解禁4隻出港 稚魚5千匹放流も-下関

山口県沖のフグ漁解禁に合わせ、県延縄協議会に所属するはえ縄漁船4隻が1日、下関市彦島西山町の南風泊港を出港した。来年3月ごろまで萩市見島から長崎県対馬沖の外海でトラフグやマフグ、サバフグなどを漁獲する。

下関唐戸魚市場によると、下関南風泊市場市場の昨シーズンの天然外海ものトラフグ水揚げ量は前年並みの約80トンだったが、景気低迷の影響で相場は前年より15%ほど下がったという。松村社長は「10月には水温も落ち着いてくる。多くの人にフクを食べて元気になってもらえるよう、豊漁を期待したい」と話していた。

http://www.minato-yamaguchi.co.jp/yama/news/digest/2010/0902/9p.html

 (投稿者 カムラオ さん : 2010年09月03日)

とらふぐの皮にはコラーゲンがたっぷり含まれているらしい。美容に良いものはやっぱり高いのか・・・

 (投稿者 願美肌 さん : 2007年06月22日)


 コメントしてください
実際に体験した感想や、新しい情報等がありましたら、ぜひ投稿してください。








 トラックバック

現在トラックバックは受け付けておりません

戻る

(C) 全国の名物 - クチコミLOG 2005-17