ういろう(愛知の名物)

/ 「東海地方の名物・お土産・特産」


  コメント

青柳総本家がアスリート向け「ういろう」発売へ マラソンでのういろう配布経て

 名古屋の銘菓の一つ「青柳ういろう」などを製造・販売する青柳総本家(本社=名古屋市守山区)は3月11日、新商品「青柳ういろうforアスリート」を発売する。

 新商品「青柳ういろうforアスリート」は、「珠美の塩」(沖縄県・久米島産)を使い、「塩しろ」と「塩さくら」(1枚=30グラム)が各2枚セットされている。主原料は米粉(愛知県産コシヒカリ)で、主成分の炭水化物が効率的にエネルギーに代わり、おなかにたまることから空腹感を緩和でき、低脂質の和菓子で胃腸への負担が少ない。形状も薄型ミニサイズで携帯しやすく常温保存できるなどの利点がある。

http://meieki.keizai.biz/headline/2218/

 (投稿者 Anonymous さん : 2016年02月17日)

ガッカリした全国のご当地銘菓ランキング

ご当地の銘菓やスイーツなどは、その地域ならでは特産品を使用しているものも多いため、ぜひ食べてみたいという人も多いのではないでしょうか。しかし時には、期待して食べてみたものの「あれっ?想像していた味と違う」とガッカリしてしまうことも。そこで、全国のご当地銘菓の中でガッカリしたものについて調査してみました。

■ガッカリした全国のご当地銘菓ランキング
1位:ういろう(愛知県)
2位:ちんすこう(沖縄県)
3位:雷おこし(東京都)
⇒4位以降のランキング結果はこちら!
ランキングページでは画像付きでご紹介いたします。

http://ranking.goo.ne.jp/column/article/1557/

 (投稿者 Anonymous さん : 2015年08月07日)

全国で作ってるのに、なぜ「ういろう=名古屋」なのか?

ういろう研究家で名古屋文理大学短期大学部の食物栄養学科の佐藤生一教授によれば、昭和39年に新幹線開業の際に車内ワゴンの販売も許可され、「名古屋名物ういろう」として売り出されたとのこと。

新幹線の開業と日持ちがするようにした企業努力、さらにはあの有名なTVCMも理由となっていました。

「青柳ういろう」で有名な青柳総本家の後藤知成さんによると、「青柳ういろう」のCMは昭和44年から名古屋で放送開始、昭和47年から約5年間全国ネットで放送されたそうです。

http://j-town.net/aichi/news/localtv/202846.html

 (投稿者 Anonymous さん : 2015年03月29日)

ういろだったら、大須がオススメです。
好みもあるけど、私は『白』が好き。

http://www.omiyagepark.com/home/index.php?menu=shop&shpseq=1

 (投稿者 モドキ さん : 2006年07月22日)


 コメントしてください
実際に体験した感想や、新しい情報等がありましたら、ぜひ投稿してください。








 トラックバック

現在トラックバックは受け付けておりません

戻る

(C) 全国の名物 - クチコミLOG 2005-17