うなぎパイ(静岡の名物)

/ 「東海地方の名物・お土産・特産」


  コメント

「うなぎパイ」の販売再開します!…JR東海と春華堂交渉「ネットで話題、後押しに」 名古屋駅で16日から

http://www.sankei.com/west/news/160913/wst1609130046-n1.html

 (投稿者 Anonymous さん : 2016年09月13日)

「うなぎパイ」がJR名古屋駅から消えた 「赤福」まだ売っているのに何故だ?

夜のお菓子「うなぎパイ」が、JR名古屋駅構内にある売店という売店からすべて消えた。

キオスクでは2016年9月2日時点で販売されておらず、東海キオスクによると、うなぎパイの取り扱いをやめたのは2016年2月からで、現在は名古屋駅の新幹線地下街ESCA内にある「GIFT KIOSK」で販売しているという。当時、貼り紙などによる告知はしなかったが、「お客様からのお問い合わせもあって、店員には『GIFT KIOSK』に案内するよう指導しました」と話している。

うなぎパイがJR名古屋駅から「消えている」との情報は、2016年8月30日、ツイッターへのある投稿をきっかけに、瞬く間に広がった。

http://news.livedoor.com/article/detail/11968107/

 (投稿者 Anonymous さん : 2016年09月03日)

うなぎパイカフェ/表参道にオープン

春華堂は3月28日~5月6日、東京・表参道にうなぎパイ専門店「UNAGI PIE CAFE TOKYO at BAKERYCAFE426」をオープンする。

通常のうなぎパイのほか、静岡県・愛知県でしか購入することができないブランデーを使用した「真夜中のお菓?うなぎパイV.S.O.P.」や「うなぎパイナッツ入り」、静岡県の中でも春華堂直営店舗など限られた店舗でしか購入することができない「うなぎパイの詰め合わせ」などを販売する。

http://ryutsuu.biz/topix/h033131.html

 (投稿者 Anonymous さん : 2015年04月01日)

うなぎパイ専門店が都内初上陸

 うなぎパイ専門店「UNAGI PIE CAFE TOKYO」が3月28日、表参道のベーカリーカフェ426(BAKERYCAFE426)にオープンする。春華堂が運営する浜松の産業観光施設「うなぎパイファクトリー」の開業10周年を記念した期間限定店として、5月6日まで展開。イートインとテイクアウトの両方に対応し、アイスを組み合わせたハイブリットスイーツをはじめ静岡県や愛知県でしか購入することができない限定品も揃える。

http://www.fashionsnap.com/news/2015-03-06/unagi-pie-cafe-tokyo/

 (投稿者 Anonymous さん : 2015年03月07日)

「うなぎパイ」の春華堂、53年ぶりの新ブランド「五穀屋」「coneri」発表

“夜のお菓子”「うなぎパイ」が有名な菓子店・春華堂が、53年ぶりとなる新ブランドを立ち上げた。“からだに美味しい和の知恵菓子”「五穀屋」と、粉を味わうスティックパイ「coneri(こねり)」だ。両ブランドの1号店は、7月20日にオープンする「nicoe(ニコエ)」(静岡県浜松市)に出店する。

http://news.livedoor.com/article/detail/9060912/

 (投稿者 Anonymous さん : 2014年07月19日)

good too?

 (投稿者 Anonymous さん : 2010年08月12日)

久々に浜名湖SAによった時買ってしまいました。やはり、うなぎパイうまいですね。自分用だったので、長くない短いサイズで箱に入っていないものを購入。いつも長いのばかり食べていましたが、短いうなぎパイのほうが食べやすい!

でも、ここの記事見るまで、うなぎ粉が入っているとはしらなかった。。。

 (投稿者 ごまちゃん さん : 2005年09月23日)


 コメントしてください
実際に体験した感想や、新しい情報等がありましたら、ぜひ投稿してください。








 トラックバック

現在トラックバックは受け付けておりません

戻る

(C) 全国の名物 - クチコミLOG 2005-17