甲州・勝沼ワイン(山梨の名物)

/ 「甲信越/北陸の名物・お土産・特産」


  コメント

12種の「日本ワイン」に舌鼓 各国首脳におもてなし

 2日間にわたり開かれた伊勢志摩サミットの食事会などでは、12種の「日本ワイン」が振る舞われた。数ある国内産の中から厳選し各国首脳をうならせたのは、ワインをテーマにした漫画「神の雫」の著者樹林伸さんら7人の選考委員だった。

 ワインは、醸造が盛んな山梨、長野両県のほか、山形県の生産者からも届けられた。提供される料理に合わせ、おいしいと思えるものを提案しあった。

 国産ブドウ100%で、国内で製造された「日本ワイン」は、海外でも注目されているという。選考委座長で酒類総合研究所理事長の後藤奈美さんは「ワイン主要生産国の欧米の首脳に、日本でもすてきなワインが造られていることを感じてほしかった」と語る。

 夕食会前に首脳らに出されたスパークリングワインは、山梨県のワイナリー「勝沼醸造」が2年以上熟成させ、完成した力作。きめ細かい泡が長時間持続するのが特徴だ。

http://www.sankei.com/politics/news/160527/plt1605270075-n1.html

 (投稿者 Anonymous さん : 2016年05月28日)

廃線トンネル観光スポットへ…大月・猿橋の近く

 廃線トンネルを活用した例では、隣の甲州市に「大日影トンネル遊歩道」(約1・4キロ)がある。中央線として1903年に開通し、97年の廃線後、市が2007年、遊歩道として活用を始めた。甲府側から入り、大月側に抜けた先には同じく廃線トンネルを活用したワインを貯蔵できる「勝沼トンネルワインカーブ」も設置。勝沼トンネルワインカーブを管理する甲州市勝沼ぶどうの丘によると、ワインカーブの14年度の来場者は1万6000人で、15年度も1月末時点で約1万3000人が訪れている。

http://www.yomiuri.co.jp/local/yamanashi/news/20160302-OYTNT50181.html

 (投稿者 Anonymous さん : 2016年03月03日)

中央葡萄酒、世界への挑戦 “最良の環境”地下貯蔵庫で長期熟成

 中央葡萄酒(ぶどうしゅ)(甲州市勝沼町)が高品質ワインの拠点として、ブドウ栽培からワイン醸造までを一貫して行っている北杜市明野町の「ミサワワイナリー」に昨年末、ワインカーヴ(貯蔵庫)が完成した。全国的にも珍しい地下式のカーヴだ。最良の環境で長期熟成させ、西欧など世界で認められるワインの供給を続けていくという。

http://www.sankei.com/region/news/160122/rgn1601220023-n1.html

 (投稿者 Anonymous さん : 2016年01月22日)

シャトー勝沼
株式会社 シャトー勝沼
    1965
  KATSUNUMA
    WINE
  白
上記のワインの赤と白720mlのもの
現在如何程するものでしょうか

 (投稿者 松本 隆 さん : 2006年06月30日)


 コメントしてください
実際に体験した感想や、新しい情報等がありましたら、ぜひ投稿してください。








 トラックバック

現在トラックバックは受け付けておりません

戻る

(C) 全国の名物 - クチコミLOG 2005-17