お茶・川根茶(静岡の名物)

/ 「東海地方の名物・お土産・特産」


  コメント

つゆひかり販売に力 川根の会社

島田市川根町抜里の荒茶加工会社「川根茶ぬくり園」は、地元の茶通信販売「白瀧製茶」と連携し、煎茶の品種「つゆひかり」の生産と販売に力を入れている。

 ぬくり園には農家80戸が生葉を持ち込む。茶園面積65ヘクタールのうち、つゆひかりは約3ヘクタールあり、一つの荒茶工場としては県内最大規模の生産量となっている。県品評会つゆひかり品種の部で最高位の県知事賞を受け、質でも県内一を誇る。

http://www.chunichi.co.jp/article/shizuoka/20160301/CK2016030102000053.html

 (投稿者 Anonymous さん : 2016年03月01日)

残留農薬 一部が海外基準に適合

県が昨年、県内で製造された静岡茶の残留農薬を調査したところ、山間地で栽培された一番茶の一部に、欧州や米国、台湾のいずれの基準にも適合した茶葉があった。

 県は調査結果を踏まえ、JA静岡経済連、野菜茶業研究所と協力して輸出に適した農薬の使用リストを改訂し、今後、農家らに配る。

http://www.chunichi.co.jp/article/shizuoka/20160216/CK2016021602000054.html

 (投稿者 Anonymous さん : 2016年02月16日)

《茶況》 平均単価、4茶期で前年割れ

 JA静岡経済連は2015年度の県産茶の茶期別荒茶生産量推計値と、1キロ当たり平均単価をまとめた。年平均単価は前年度比9%安の1091円で担当者は「平成の最安値になった。主力の一番茶の安値が響いた」と分析した。

 平均単価は一番茶と二番茶が平成の最安値となるなど4茶期すべてが2年連続で前年割れとなった。担当者は「茶工場で使う燃料の単価は昨年より安くなったが肥料、農薬などを加えた経費負担は変わっておらず、経営環境は厳しさを増した」と指摘した。

http://www.chunichi.co.jp/article/shizuoka/20160107/CK2016010702000034.html

 (投稿者 Anonymous さん : 2016年01月07日)

給食に「静岡茶ミルメーク」 4月導入目指し開発

 JA静岡経済連は県学校給食会などと連携し、給食の牛乳に混ぜて飲む茶製品「静岡茶ミルメーク(液体)」の開発を進めている。県内には給食にリーフ茶を出す学校もあるが、より広い地域の多学年の児童生徒に手軽に静岡茶に親しんでもらう手段として新たに提案する。

http://www.at-s.com/news/article/economy/shizuoka/tea/198309.html

 (投稿者 Anonymous さん : 2016年01月06日)

シャープが茶道の基本を再現するお茶メーカー

 シャープは27日、茶葉の栄養素をまるごと摂取できるお茶メーカー「ヘルシオお茶プレッソ」を4月25日に発売すると発表した。新しいお茶の習慣を提案する家電と位置付けており、4月の消費税増税後に予想される家電需要の反動減に負けない商品として期待する。

 小型の茶臼で茶葉の栄養素をほとんど壊さずに粉末状に加工し、茶筅の代わりとなる回転羽根による撹拌でのどごしのいいお茶やラテを作れる。茶道の基本である「挽く」や「点てる」を再現した。

http://sankei.jp.msn.com/economy/news/140327/biz14032716050029-n1.htm

 (投稿者 アイムトン さん : 2014年03月27日)


 コメントしてください
実際に体験した感想や、新しい情報等がありましたら、ぜひ投稿してください。








 トラックバック

現在トラックバックは受け付けておりません

戻る

(C) 全国の名物 - クチコミLOG 2005-17