デコポン(熊本の名物)

/ 「九州の名物・お土産・特産」


  コメント

「デコポン」卸値2割高 昨年の天候不順が影響

 旬のかんきつ類、不知火(デコポン)が高値になっている。東京・大田市場の16日の卸値(相対取引・中値)は5キロ2916円と、前年同時期に比べ2割高い。2015年8月の台風や同年11月の高温の影響で木につく実の数が少ない。

 最大産地の熊本は「2月の出荷量は前年同月の89%、3月は82%の計画」(JA熊本果実連)という。

http://www.nikkei.com/article/DGXLZO97355800W6A210C1QM8000/

 (投稿者 Anonymous さん : 2016年02月17日)

“偽”デコポン流通 ネットで詐称相次ぐ 銘柄保護へ警戒強化 日本園芸農協連

 シーズン本番を迎える「デコポン」商標の無断使用がインターネットの直販などで問題になっている。出荷基準を満たしていない低品質の「偽デコポン」が出回ることで、ブランドイメージが低下し、消費者の混乱を招く恐れがある。日本園芸農協連(日園連)はブランド保護のための取り締まりを強化する。JA以外の商品でデコポンと詐称した場合、即座に使用の差し止め、損害賠償を求める構えだ。

 デコポンの商標はJA熊本果実連が所有し、日園連と取り決めを結んだJAに限り名称の使用を認めている。低品質の果実が出回らないよう厳選出荷を徹底。シーズン通じて糖度13以上、酸度1%以下の商品に限定する。基準に満たないものはJA出荷でも品種名の「不知火」で販売している。

http://www.agrinews.co.jp/modules/pico/index.php?content_id=36188

 (投稿者 Anonymous さん : 2016年02月05日)


 コメントしてください
実際に体験した感想や、新しい情報等がありましたら、ぜひ投稿してください。








 トラックバック

現在トラックバックは受け付けておりません

戻る

(C) 全国の名物 - クチコミLOG 2005-17