投稿へ 戻る

八海山(新潟)

/ 甲信越/北陸の名物・お土産・特産


コメント

昼ごはんだけ開放!新潟「八海山みんなの社員食堂」が旨すぎる

霊峰・八海山のふもとの広大な敷地に、銘酒「八海山」の八海醸造が手がける「魚沼の里」があります。酒造りを行う酒蔵を中心に、そば屋、和洋菓子、ベーカリーなどがゆったりと点在する複合施設で、その中のひとつが「八海山みんなの社員食堂」。基本は従業員ための社食ですが、昼の時間帯だけ一般にも開放。米どころ・魚沼のごはんと、麹やあまさけを使ったおかずが本当に美味しく、わざわざ行きたい社食ナンバー1間違いなし。

https://www.oricon.co.jp/article/431008/

(投稿者 Anonymous さん : 2018年04月01日)

八海醸造 雪室貯蔵の日本酒発売 オーク樽使用の米焼酎も

 八海醸造(南魚沼市)は自社の雪室のタンクで熟成させた日本酒「純米吟醸 八海山 雪室貯蔵三年」=写真右=と、オーク樽で熟成させた「八海山本格米焼酎 オーク樽貯蔵 風媒花(ふうばいか)」をいずれも数量限定で発売した。

 豪雪地にある同社は2013年、雪を酒造りに活用しようと雪室を建設し、毎年約千トンの雪を蓄えている。「雪室貯蔵三年」は、一定の湿度で常時3度前後に保つ雪室の専用タンクで3年間熟成させたもの。酒米の「山田錦」「ゆきの精」「五百万石」を50%磨いた。アルコール度数は17度で、雪室貯蔵特有のまろやかな味わいとなった。雪をイメージした白い瓶を採用した。

(投稿者 Anonymous さん : 2016年07月06日)

覚えておきたい「泥酔しない飲み方6か条」

「まずは酒と同量の水を並行して飲むことです。肝臓のアルコール分解力を促進し、血中アルコール濃度を薄めてくれます」と言うのは健康管理士の嵯峨泰氏。

 飲むとあまり食べないという人はよくいるが、「アルコールが急激に吸収される」ため厳禁。泥酔を防ぐには、どんなつまみがよいのか?

「まず野菜ですね。ビタミンやミネラルがアルコールの分解力を高めます。枝豆や赤身肉などタンパク質が豊富な食品、チーズなど油脂の多い食品は、アルコールの吸収速度を遅くします」

http://news.livedoor.com/article/detail/11018239/

(投稿者 Anonymous さん : 2016年01月01日)


コメントしてください
実際に体験した感想や、新しい情報等がありましたら、ぜひ投稿してください。








トラックバック

現在トラックバックは受け付けておりません

戻る

(C) 全国の名物 - クチコミLOG 2005-18