稲庭うどん(秋田の名物)

/ 「東北の名物・お土産・特産」


  コメント

稲庭うどん 門外不出の製法公開し進化続け海外出店も

 江戸時代はお上に献上されていた、由緒正しい伝統の味──。それが、秋田の「稲庭うどん」だ。伝統を受け継ぎながら進化を続けるその秘密に迫る。

 * * *
 うどん県として知られる香川の「讃岐うどん」を筆頭に、福岡や大阪など、うどん文化は西で育まれたイメージが強いかもしれないが、東だって負けていない。

 西の横綱が讃岐ならば、東の横綱は秋田の「稲庭うどん」だろう。その特徴は対照的だ。太くて力強い讃岐うどんに対して、上品な細麺の稲庭うどん。讃岐は手軽さで人気に火が点いたが、稲庭うどんは江戸時代には佐竹藩を通じて将軍家へ献上されていた「高級品」だ。

 製法は長らく門外不出とされ、明治時代半ばまでは、宮内省以外ではほとんど食べられることがなかった、幻の逸品でもある。

 稲庭うどんの発祥は、寛文5年(1665年)とされる。「稲庭干饂飩」の宗家となる佐藤吉左エ門が製法を確立。元禄3年(1690年)に佐竹藩の御用品となり、江戸時代に入ってからは徳川家へ盛んに献上されるまでに評価が高まったという。

http://www.news-postseven.com/archives/20160129_380074.html

 (投稿者 Anonymous さん : 2016年01月29日)

うどんEXPO「稲庭」が頂点に

 全国のご当地うどんが集結した秋田県湯沢市の「全国まるごとうどんEXPO(エキスポ)2015in秋田・湯沢」が4日閉幕した。来場者が気に入ったうどんに投票してナンバーワンを決めるご当地うどんグランプリでは、地元の稲庭うどんが頂点に立った。

2位はかすうどん(大阪府)、3位はガマゴリうどん(愛知県)が続いた。審査員賞は下川手延べうどん(北海道)、特別賞は長崎五島うどん(長崎県)がそれぞれ受賞した。

http://www.sakigake.jp/p/akita/news.jsp?kc=20151005c

 (投稿者 Anonymous さん : 2015年10月05日)

稲庭うどん佐藤養助、台湾に2号店

 稲庭うどん製造の佐藤養助商店は7日、台湾の新北市に稲庭うどん専門店「稲庭養助」をオープンした。台湾では台北店に次ぐ2店舗目となる。

http://www.sakigake.jp/p/akita/news.jsp?kc=20150708g

 (投稿者 Anonymous さん : 2015年07月09日)

稲庭うどんの老舗「佐藤養助商店」、台湾に初出店

 稲庭うどんの老舗「佐藤養助商店」(秋田県湯沢市)が、台湾の企業と合弁会社を設立し、今月、台湾に初出店した。

 稲庭うどんとともに、秋田、湯沢の食文化を伝えようと、店内の食器は川連漆器を使っている。

 秋田の日本酒も提供しており、日本食に関心を持つ台湾人の注目を集め、開店から満席状態が続く盛況ぶりという。

 佐藤養助商店によると、海外出店は、香港、マカオの業務提携店舗に続いて3例目。台湾は親日家が多い上、日本食への関心が高いことなどから、出店を決めたという。

http://www.yomiuri.co.jp/gourmet/news/business/20130730-OYT8T00309.htm

 (投稿者 アイムトン さん : 2013年07月30日)

すべらない箸とうどん贈る

 湯沢市の県漆器工業協同組合と県稲庭うどん協同組合は18日、高校受験を控えた稲川中学校の3年生全員の92人に合格祈願の箸、うどんのセットを贈った。

 地元の受験生を応援しようと両組合は2003年から箸、07年からはうどんを毎年贈呈している。

 セットは「すべらない合格箸」と「するする入る合格うどん」で、箸は川連漆器。断面を五角形にして「合格」と引っかけたほか、滑らないようにと先端にざらざらした乾漆仕上げを施した。うどんは、のどごしがよい稲庭うどんで500グラム。

http://www.sakigake.jp/p/akita/news.jsp?kc=20110119e

 (投稿者 アイルトン さん : 2011年01月20日)


 コメントしてください
実際に体験した感想や、新しい情報等がありましたら、ぜひ投稿してください。








 トラックバック

現在トラックバックは受け付けておりません

戻る

(C) 全国の名物 - クチコミLOG 2005-17