ますのすし(富山の名物)

/ 「甲信越/北陸の名物・お土産・特産」


  コメント

ミラノ万博に富山名物ますずし

イタリア・ミラノ国際博覧会(万博)の「日本館」イベント広場で1日、富山県の特産品や伝統文化を紹介するイベントが行われた。名物ますずしの紹介、地酒や黒茶の試飲のほか、古くから受け継がれる祭りの披露もあり、来館者らを魅了した。

http://www.chunichi.co.jp/s/article/2015080201000861.html

 (投稿者 Anonymous さん : 2015年08月02日)

富山の「ますずし」各社、冷凍品投入で販路拡大

 すし飯とマスの切り身で作る富山名産の押し寿(ず)し「ますずし」を作る各社が相次ぎ冷凍品に参入する。冷凍技術の向上で、従来の生ものと比べ遜色ない品質を確保できるようになった。消費期限が従来の2日間から半年ほどに伸ばせるため、これまでは難しかった首都圏など遠隔地での拡販を狙う。

 専業最大手の源(富山市、源八郎社長)も今春、三角形をしたタイプを投入する。手軽に食べられるお弁当として、ネット通販や富山駅でのお土産品として売り込む。

http://www.nikkei.com/news/local/article/g=96958A9C93819890E3E3E2E1988DE3EBE2E3E0E2E3E39E90E2E2E2E2;p=F2F2F2F2F2F2F2F2F2F2F2F2F2F2;n=9694E3E4E3E0E0E2E2EBE0E0E4E4;o=F2F2F2F2F2F2F2F2F2F2F2F2F2F2

 (投稿者 すめあぐる さん : 2011年01月20日)

「ますのすし」って6種類
(6つのメーカー)もあるんですねー。

http://www.nikkei.co.jp/category/offtime/tabeb/article.aspx?id=MMGEzq000022122010

 (投稿者 どんたぬき さん : 2011年01月08日)

一人で食べるには多すぎるよな~と思っていたら、なんと、今までの6割くらいの量の小さいサイズのものが新しく出るようです。値段もたしか800円だったような・・・。これだったら、値段的にも量的にも調度良いかも。

 (投稿者 momo さん : 2009年09月18日)

ページでは源の案内が出ていましたが、
源はお土産向けが多いのであんまりです・・・県民にすると(高いのはとても美味しいんだけど)。
「源」以外が個人的にはオススメです。でもどうしても駅や空港で売っているのは源が多いですね。
富山をゆっくりめぐる時間があれば小さい店で買ってみるといいですよ。
他県に住むようになってますのすしが益々恋しい人間になってしまいました。

 (投稿者 たま さん : 2006年08月12日)

母親が富山県出身だからいつもお土産は絶対買ってきてね!と決まっている名物品です。鱒の寿司にはいろいろな会社のものが売っていつけれど、うちは「源」という会社の鱒の寿司をいつも食べています。そんじょそこらのお弁当を買うより鱒の寿司を買って食べたほうが満腹感・満足感いっぱい、そして北陸の伝統の味を感じるよ!富山=「源」の鱒の寿司!!絶対オススメ!

 (投稿者 悩める派遣社員 さん : 2005年08月25日)


 コメントしてください
実際に体験した感想や、新しい情報等がありましたら、ぜひ投稿してください。








 トラックバック

現在トラックバックは受け付けておりません

戻る

(C) 全国の名物 - クチコミLOG 2005-17