二十世紀梨(鳥取の名物)

/ 「中国地方の名物・お土産・特産」


  コメント

”鳥取の秋”全国へ 二十世紀梨収穫始まる

 鳥取県特産の二十世紀梨の収穫が19日、主産地の湯梨浜町東郷地区で始まり、生産者が大きく実った梨を次々にもぎ取った。今年は高温で日照時間が長く、適度の雨が降るという梨にとって理想的な気象条件で、大玉で甘い梨に仕上がった。22日に全国に向けて初出荷される。

https://www.nnn.co.jp/news/160820/20160820003.html

 (投稿者 Anonymous さん : 2016年08月20日)

須金の梨を原料に 道の駅ソレーネ周南 /山口

 道の駅ソレーネ周南(周南市戸田)は28日、周南市須金地区の二十世紀梨を原料にした「須金梨ワイン」を発売した。オリジナル商品シリーズ「周南物語」で、日本酒に続く第2弾。風害などで傷ついた梨を有効利用し、新たな販路を切り開く。

 須金ぶどう梨生産組合(高橋勝己組合長)が昨秋収穫した2トンの梨を供給し、県内唯一のワイナリー、山口ワイナリー(山陽小野田市)が醸造した。1700本限定で1本(720ミリリットル)を1800円で販売する。

http://mainichi.jp/articles/20160531/ddl/k35/040/695000c

 (投稿者 Anonymous さん : 2016年06月01日)

二十世紀梨、今日初出荷!

 ハウス栽培の二十世紀梨の査定会(全農県本部主催)が30日、鳥取県湯梨浜町中央公民館であった。春先の低温と日照不足で生育が心配されたが、平均糖度は10・5度、平均重量も378・2グラムとまずまずの出来。8月4日に初出荷され、同5日から店頭に並ぶ。

 倉吉市や湯梨浜町など5市町の生産農家6戸が持ち込んだ120個の梨を全農県本部の職員らが1個ずつチェック。職員は「好天が続けば、出荷のピークを迎える盆前には糖度も上がる」と話していた。

 中元や盆のお供えとして人気で、露地ものの1・5~2倍の高値がつくという。京阪神方面を中心に、露地ものの出荷が始まる8月下旬まで、昨年並みの800トンを出荷し、4億円の売り上げを目指す。

http://osaka.yomiuri.co.jp/season/20100731-OYO8T00359.htm

 (投稿者 ニュースウォッチャー さん : 2010年08月04日)


 コメントしてください
実際に体験した感想や、新しい情報等がありましたら、ぜひ投稿してください。








 トラックバック

現在トラックバックは受け付けておりません

戻る

(C) 全国の名物 - クチコミLOG 2005-17