栗きんとん・美濃(岐阜の名物)

/ 「東海地方の名物・お土産・特産」


  コメント

秋の味覚・栗きんとんづくり 中津川の老舗和菓子店

 秋の味覚・栗きんとん作りが22日、岐阜県中津川市本町の老舗和菓子店「川上屋」で始まり、店の工場に甘い香りが漂った。初日は5千個を作り、さっそく店頭に並べられた。

 この日朝、熊本産の早生の生栗720キロが店に到着。蒸して裏ごしし、砂糖を入れて炊いた後、従業員が手作業で茶巾絞りにしていった。製造は年末まで続き、ピークには1日で3万個を作る。今月中は市内で販売され、9月から東京や名古屋の百貨店に並ぶ。

http://www.chunichi.co.jp/s/article/2016082290202249.html

 (投稿者 Anonymous さん : 2016年08月23日)

人気和菓子「栗きんとん」14店の詰め合わせ発売

 岐阜県中津川観光協会は28日、中津川市内の人気和菓子14店の栗きんとんを詰め合わせた2種類の「栗きんとんめぐり」を、9月1日から発売すると発表した。

 7店の栗きんとんが1個ずつと中津川のお茶が入った箱詰めのセットで、昨年までとは組み合わせを変えた「風流ふりゅう」と「ささゆり」の2種類がある。パッケージにはおしゃれな栗きんとんめぐり公式マップを新たに印刷した。販売価格はいずれも1850円(税込み)。

http://www.yomiuri.co.jp/gourmet/news/business/20130829-OYT8T00283.htm

 (投稿者 アイムトン さん : 2013年09月02日)

看板商品「飛騨・美濃すぐれもの」として、恵那川上屋の「栗きんとん恵那栗」

 岐阜県は12月13日、県のブランディングにつながる優れた県産品の看板商品「飛騨・美濃すぐれもの」として、恵那川上屋の「栗きんとん恵那栗」や岩村醸造の「女城主特別純米酒濃州生一本」など新たに5商品を認定した。県の魅力を全国に伝える「飛騨・美濃じまん運動」の一環。県産品と観光の一体的な振興を図っていく。

 認定された5商品は、そのほか、白木恒助商店の「清酒達磨正宗アイスクリームにかけるお酒」、たかすファーマーズのチーズソース「カンコワイヨット」、浅野撚糸の「エアーかおるエニータイムバスタオル」。認定商品について県では、「戦略的なプロモーション、情報発信を実施することで、県産品と岐阜県のブランディングにつなげていく」という。

http://www.kankokeizai.com/backnumber/11/01_05/chiiki_kanko.html#04

 (投稿者 カムラオ さん : 2011年01月10日)


 コメントしてください
実際に体験した感想や、新しい情報等がありましたら、ぜひ投稿してください。








 トラックバック

現在トラックバックは受け付けておりません

戻る

(C) 全国の名物 - クチコミLOG 2005-17