投稿へ 戻る

次郎柿(静岡)

/ 東海地方の名物・お土産・特産


  コメント

青柿そのものを漬物に

 豊橋の特産品である次郎柿の中でも、出荷されない未熟な柿(青柿)を使用。青柿そのものの漬物は珍しかったが、試行錯誤の末、食感も楽しめる漬物を開発した。地元の特産品を広く知ってもらいたいという願いと、次郎柿を大切に育てる生産者の思いを込めた。

http://www.tonichi.net/news/index.php?id=68230

(投稿者 Anonymous さん : 2018年06月09日)

次郎柿をタイへ売り込め JAとぴあ浜松

 JAとぴあ浜松(本店・浜松市東区)は十二月、タイとマレーシアに向けて特産「次郎柿」の輸出を始める。船積みを想定した真空包装による冷蔵貯蔵の食味試験で、現地商社から品質に一定の評価を得た。クリスマス商戦や春節(旧正月)向けの高級贈答品として売り込む。初年度は十トン、将来的には二十~三十トンの出荷を見込んでいる。

(投稿者 Anonymous さん : 2016年05月18日)

次郎柿 東南アジアで人気

 豊橋産次郎柿が、東南アジアで好評を博している。独特のシャキシャキとした食感で、他の産地の柿と差別化。品質を武器に、豊橋市はさらなる販路開拓を目指す。

 豊橋市は今年10~11月にかけて、タイとシンガポールの高級百貨店や大手スーパーなどで富裕層をターゲットに、豊橋産次郎柿を試験的に販売。果肉の柔らかい熱帯の果物を食べなれた人たちに、シャキシャキとした次郎柿の食感は新鮮な驚きだったようで人気を集めた。

http://www.tonichi.net/news/index.php?id=49925

(投稿者 Anonymous さん : 2016年01月01日)

甘みあっさり「次郎柿ワイン」

 静岡県森町特産の次郎柿を原料とする「遠州森町次郎柿ワイン」が完成し、17日、関係者にお披露目された。

 町内には次郎柿の原木がある。特産品で地域おこしを図ろうと、町商工会などでつくる「遠州森町次郎柿ワイン推進協議会」(山本充喜会長)が、大手ワインメーカーの協力で毎年造っている。

 ワインは淡い黄褐色で、柿のあっさりとした甘みとほどよい酸味が特徴。今年は春先の凍霜害で収量が減り、製造は2800本と例年の約半分。町内18の酒販店などで店頭に並ぶ。1本(720ミリ・リットル入り)1298円。

(投稿者 カムラオ さん : 2010年12月23日)


 コメントしてください
実際に体験した感想や、新しい情報等がありましたら、ぜひ投稿してください。








 トラックバック

現在トラックバックは受け付けておりません

戻る

(C) 全国の名物 - クチコミLOG 2005-18