コアップガラナ(北海道の名物)

/ 「北海道の名物・お土産・特産」


  コメント

エア・ドゥ、機内ドリンクに「コアップガラナ」--CAたちの公募で決定

AIRDO(エア・ドゥ)10月1日より、機内販売・ドリンクサービスにおいて新たな商品の販売・サービスを開始。「幸せナナ昆布」「コアップガラナ」と、"北海道の翼"ならではの商品を取り扱う。

機内ドリンクサービスとして展開する「コアップガラナ」は、客室部内で公募した飲みものの中から選定。10~12月の期間限定で提供。ガラナは北海道のソウルドリンクであり、ご当地ドリンクとしては「リボンナポリン」(4~6月)に続くサービスとなる。

http://news.ameba.jp/20161003-176/

 (投稿者 Anonymous さん : 2016年10月04日)

欧米では常識!? コーラで下痢や吐き気が治るらしい

下痢・嘔吐が起きたときには、安易に下痢止め等市販の薬を服用して体内にウイルスを留めておくよりも、ウイルスや細菌を出し切ってしまうことが大切です。その際、脱水症状を起こさないために水分補給が欠かせません。甘味飲料は消化吸収が良く、炭酸は胃腸を刺激しお腹の痛みや吐き気、胃もたれを緩和してくれると言われています。このため、甘い炭酸飲料は下痢や吐き気の治療に適しているのです。なかでもどこの国にもあり簡単に入手できるコーラが治療薬として人々の生活に定着したと考えられますね。

http://www.excite.co.jp/News/column_g/20160221/Allabout_20160221_3.html

 (投稿者 Anonymous さん : 2016年02月22日)

久しぶりにドクターペッパーを飲んだら、コアップガラナに似ている気がした。

 (投稿者 ちゅうザエモン さん : 2016年01月25日)

世界的トップシークレット「コカ・コーラのレシピ」が意外なところから暴かれた可能性が浮上

アメリカのラジオ番組「Thisamericanlife.org」が、コカ・コーラの成分と量を示すリストを発見し、およそ125年の長きにわたって守られてきた秘密を暴くことに成功したと公式サイト上で宣言しました。

コカ・コーラの缶に書かれた原材料名の欄には、炭酸水、砂糖、リン酸および着色料(カラメル色素)のほかに使われている特殊な材料については「カフェインを含む自然由来のフレーバー」と書かれているだけです。「Thisamericanlife.org」はこのレシピが本物かどうか、飲料の歴史に詳しいMark Pendergrast氏に問い合わせ、そしてこのレシピは本物に違いないというお墨付きを得たということです。

http://gigazine.net/news/20110215_coca_cola_recipe/

 (投稿者 アイルトン さん : 2011年02月15日)

酷暑にピッタリ塩サイダー 函館・コアップガラナの小原

 各地で猛暑が続き、清涼飲料水の消費が伸びている中、函館市の飲料メーカーが今年新発売した「日本最北端の塩サイダー」が、ヒット商品となっている。

 北海道のローカル飲料「コアップガラナ」などを製造、販売する「小原」が、宗谷海峡の海水から取れた天然塩と、羅臼町沖の海洋深層水で作った。

 500ミリ・リットル入りペットボトルで147円(税込み)。道内大手スーパーなどで販売している。

http://www.yomiuri.co.jp/gourmet/news/business/20100815-OYT8T00412.htm

 (投稿者 ニュースウォッチャー さん : 2010年08月17日)


 コメントしてください
実際に体験した感想や、新しい情報等がありましたら、ぜひ投稿してください。








 トラックバック

現在トラックバックは受け付けておりません

戻る

(C) 全国の名物 - クチコミLOG 2005-17