投稿へ 戻る

豆腐よう(沖縄)

/ 沖縄の名物・お土産・特産


  コメント

紅麹から天然着色料

 うるま市に研究所を持つ先端医療開発(福岡市、松原正東社長)は、豆腐ように使われる紅麹(べにこうじ)を原料にした赤色の天然色素開発に成功した。めんたいこやハムなどには製造過程で赤色の合成着色料や発色剤が使われているが、健康志向が高まる中、代替品として紅麹由来色素のニーズが高いと見て、同社は沖縄で製造した着色料の海外展開も視野に進めていく。

https://ryukyushimpo.jp/news/entry-671002.html

 (投稿者 Anonymous さん : 2018年02月26日)

【ホテル日航アリビラ】沖縄食材と中国料理のコラボレーション 「 琉球全席 」 4月1日より期間限定販売

さっぱりとした脂身と濃厚な旨み、弾力がありながらも柔らかな食感が特徴の“久米島赤鶏”は、下味をつけて3時間オーブンでじっくりと焼きあげ、島唐辛子がアクセントになった大豆ソースとお召し上がりいただきます。久米島の豊かな自然の中で島の山水と泡盛の酒粕や月桃、ウコンなどの薬草が入った飼料を与えられ、のびのびと育てられているのでとてもジューシーです。
「紅豚の豆腐よう煮込み」は、紅芋や泡盛もろみ酢粕、乳酸菌などを配合した独自の発酵飼料で育てられ、臭みがなくジューシーで柔らかい肉質とさっぱりとした甘みのある脂身が特徴の“紅豚”を、伝統的な沖縄の珍味“豆腐よう”や紅麹などで約3時間煮込んで仕上げた、新たな発想を取り入れた逸品です。

http://prtimes.jp/main/html/rd/p/000001065.000002213.html

 (投稿者 Anonymous さん : 2016年03月19日)


 コメントしてください
実際に体験した感想や、新しい情報等がありましたら、ぜひ投稿してください。








 トラックバック

現在トラックバックは受け付けておりません

戻る



(C) 全国の名物 - クチコミLOG 2005-18