峠の釜めし(群馬・横川駅の名物)

/ 「関東の名物・お土産・特産」


  コメント

容器が重いとの声に耳を傾け、紙容器も

「峠の釜めし」のパルプモールド容器は以前から存在しており、2013年にはグッドデザイン賞を受賞。軽量で持ち運びやすい駅弁を求める消費者の声に応えつつも、同弁当らしさを残した点が「駅弁の食文化を未来につないでいく良質なリニューアル」だったと評価されています。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171023-00000098-it_nlab-life

 (投稿者 Anonymous さん : 2017年10月25日)

名物「峠の釜めし」に秋の味覚がいっぱいの限定版登場!

上信越自動車道の横川SA(上り線)では、名物「峠の釜めし」の秋バージョン「峠の釜めし 秋」(1,800円)を販売している。

陶器のフタを開けると、ガラスープで炊き込んだ熊本県産の栗を使ったご飯の上に、鴨(ハンガリー産)、舞茸、椎茸、きくらげ、長葱、いんげん(群馬県産)、かぼちゃ(北海道産)、さつまいも(千葉県産)、しめじ(長野県産)、うずらの卵(国内産)といった、秋の味覚がぎっしりつまっている。

販売は9月3日から11月27日の土・日・祝日のみで、11時頃から発売する。

http://news.walkerplus.com/article/88655/

 (投稿者 Anonymous さん : 2016年10月05日)

「峠の釜めし」販売55年を記念した夏限定弁当発売!

人気の駅弁「峠の釜めし」の販売開始から55周年を記念した「峠の釜めし 夏」が、6月4日(土)~8月28日(日)の期間限定で上信越道の横川サービスエリア(上り線)で販売されている。

発売は、土曜・日曜・祝日の11時過ぎ頃から行われ、価格は1800円。数に限りがあるとのこと。

http://top.tsite.jp/news/lifetrend/o/29474876/

 (投稿者 Anonymous さん : 2016年06月23日)

高速道路で電車気分!益子焼の器で味わえる名物駅弁

上信越自動車道・横川サービスエリア(SA)上り線にある峠の釜めし売店。ここでは1958(昭和33)年から、SAにほど近い信越本線横川駅の名物駅弁として永く親しまれている「峠の釜めし」(1000円)が購入できる。

http://news.walkerplus.com/article/66361/

 (投稿者 Anonymous さん : 2015年10月16日)

東京駅『駅弁屋 祭』の人気駅弁ランキングで8位

地元色豊かな昔ながらの釜めし弁当
昭和33年の誕生以来、不動の人気を誇る有名駅弁。益子焼の土釜を用いた日本で初めての釜めし駅弁として知られる。素材はすべて無添加のものを使用。鶏肉や筍、しいたけ、ごぼう、杏子、うずらの卵など、厳選した9種類の具材を入れ、一つ一つ丁寧に炊き上げている。また、空になった釜を利用して、家庭で釜めしを楽しむのもおすすめ。

http://matome.naver.jp/odai/2140462979742651001

 (投稿者 Anonymous さん : 2015年02月25日)

デザインで世界遺産後押し「峠の釜めし」発売

 人気の駅弁「峠の釜めし」の土釜を包むかけ紙に、「富岡製糸場と絹産業遺産群」の世界文化遺産登録を後押しするデザインをあしらったコラボレーション商品「峠の釜めし 世界遺産登録応援記念レッテル版」が、28日から群馬県内外で一斉発売される。

2014年3月末までに約118万食を販売予定。県内外の荻野屋店舗のほか、東京駅や上野駅、関東地方の百貨店などで流通する。

http://www.yomiuri.co.jp/gourmet/news/business/20131128-OYT8T00311.htm

 (投稿者 アイムトン さん : 2013年11月28日)


 コメントしてください
実際に体験した感想や、新しい情報等がありましたら、ぜひ投稿してください。








 トラックバック

現在トラックバックは受け付けておりません

戻る

(C) 全国の名物 - クチコミLOG 2005-17