晩柑(熊本の名物)

/ 「九州の名物・お土産・特産」


  コメント

河内晩柑の果皮 認知症の予防期待 果汁飲料商品化へ 愛媛県 産学官が連携

 愛媛県は、かんきつ「河内晩柑(かん)」の果皮に多く含まれる機能性成分「オーラプテン(AUR)」などが認知症の予防に期待できるとして、産学官連携でAURを高めた果汁飲料を開発した。そのままの果汁はAURをあまり含まないが、果皮ペーストを添加した果汁飲料は125ミリリットル中にAURを6ミリグラム程度含む。機能性表示食品としての商品化に向け、6月から愛媛大学医学部で人への効果を確かめる。

http://www.agrinews.co.jp/modules/pico/index.php?content_id=37965

 (投稿者 Anonymous さん : 2016年06月21日)

国産厳選果汁を使用したシリーズ 熊本産のあまくさ晩柑が初登場

 宝酒造株式会社は、“タカラCANチューハイ「直搾り」日本の農園から”シリーズより<熊本産あまくさ晩柑>を6月21日(火)から数量限定で新発売します。同ブランドであまくさ晩柑を使用するのも、熊本産の果実を使用するのも今回が初めてです。

 あまくさ晩柑は“河内晩柑”という文旦の一種で、熊本市河内町で偶然生まれた柑橘です。果汁が多くさっぱりとした後口が特徴の柑橘で、天草市など数少ない地域で栽培されている希少な果実です。

http://prw.kyodonews.jp/opn/release/201605311159/

 (投稿者 Anonymous さん : 2016年06月01日)

あまくさ晩柑新商品を発表 規格外品活用し加工

 天草地域の農協や食品加工業者などでつくる共同事業体「あまくさ晩柑ばんかんむき身商品開発コンソーシアム」は、天草特産のかんきつ類「あまくさ晩柑」の規格外品を活用した新商品を発表した。

 あまくさ晩柑は、河内晩柑の天草地域特有のブランド名。昨年11月に発足した共同事業体は、酵素を用いて簡単にむき身にする新技術「酵素剥皮」の習熟、新商品の開発を続けてきた。

 天草市民センターであった発表会では、さわやかな酸味と甘味を生かしたゼリー、パイ、デニッシュなど11品目が披露された。

http://www.yomiuri.co.jp/local/kumamoto/news/20160303-OYTNT50035.html

 (投稿者 Anonymous さん : 2016年03月04日)

河内晩かん指針作成へ、試験結果報告 愛南で検討会

 愛媛県が生産量全国一の河内晩かんの産地活性化を図る県の「河内晩柑安定生産対策検討会」が26日、愛南町城辺乙のJAえひめ南南宇和城辺支所であり、冬季の落果防止や、果皮に含まれる機能性成分を増やす栽培方法の実証試験結果などを報告した。検討会は結果を基に3月中にも栽培指針を作成し生産者らに配布する予定。

http://www.ehime-np.co.jp/news/local/20160227/news20160227595.html

 (投稿者 Anonymous さん : 2016年02月27日)


 コメントしてください
実際に体験した感想や、新しい情報等がありましたら、ぜひ投稿してください。








 トラックバック

現在トラックバックは受け付けておりません

戻る

(C) 全国の名物 - クチコミLOG 2005-17