御飯の友(熊本の名物)

/ 「九州の名物・お土産・特産」


  コメント

フタバ(本社・熊本市) 元祖ふりかけ、地震で価値再認識

 熊本のご当地グルメといえば「馬刺し」や「辛子レンコン」がおなじみだ。だが、ふりかけの「御飯(ごはん)の友」も外せない。

 御飯の友は大正初期に誕生した。食糧難にあえぎ、日本人はカルシウムが慢性的に不足していた。

 そこで、熊本の薬剤師の吉丸末吉氏は「魚を骨ごと細かく砕き、味付けして、ご飯にかければおいしいはず」と、「ふりかけ」に着想を得た。味付けには煎り胡麻やのりなどを用いた。魚の生臭さを消すための工夫だった。

 ふりかけの起源は、大正から昭和初期にかけ全国数カ所で生まれた。御飯の友は業界団体「全国ふりかけ協会」(東京)から「元祖」だと“認定”された。

http://www.sankei.com/region/news/160817/rgn1608170004-n1.html

 (投稿者 Anonymous さん : 2016年08月17日)


 コメントしてください
実際に体験した感想や、新しい情報等がありましたら、ぜひ投稿してください。








 トラックバック

現在トラックバックは受け付けておりません

戻る

(C) 全国の名物 - クチコミLOG 2005-17