わさび(静岡の名物)

/ 「東海地方の名物・お土産・特産」


  コメント

わさび漬とチーズ融合 漬物グランプリ最高位

 全日本漬物協同組合連合会が開催した「漬物グランプリ2016」で、静岡市のわさび漬製造会社、田丸屋本店の「カマンベールWASABI(わさび)」が法人部門で最高位のグランプリを獲得した。同製品は14年度の同市産学交流センターの土産物開発支援事業「静岡おみやプロジェクト」で生まれた。

http://www.at-s.com/news/article/economy/shizuoka/241631.html

 (投稿者 Anonymous さん : 2016年05月18日)

いきなり鼻にツーン ローソンの「わさびいなり」

 大手コンビニエンスストアのローソンが発売した静岡県産のわさびを具材に使った「手巻寿司わさびシーチキンマヨネーズ」と「わさびいなり」が話題になっている。寿司店でも使われる良質な天然わさびが持つ豊かな香りとツーンとした辛みが受け、辛いものが好きな消費者を中心に幅広い年齢層から人気を集めている。29日までの期間限定商品だが、両商品合計で55万食の強気の販売計画を立てており、定番商品への格上げも期待される。

http://www.sankei.com/economy/news/160221/ecn1602210002-n1.html

 (投稿者 Anonymous さん : 2016年02月21日)

1年で出荷可能、新品種「伊づま」開発

 県農林技術研究所伊豆農業研究センターは22日、成長が早く1年で出荷できるワサビの新品種「伊づま」の登録が農林水産省から出願公表されたと発表した。正式な品種登録を前に育成者権を持った。現在種子を準備しており、4月以降、県山葵(わさび)組合連合会に加入する生産者(515戸)に配布する。5年後に1割の普及を目指すという。

http://mainichi.jp/articles/20160123/ddl/k22/040/220000c

 (投稿者 Anonymous さん : 2016年01月24日)

ワサビは日本固有種 岐阜大山根助教、辛味の進化解明

 ツンと鼻に抜ける辛味が特徴で、刺身やそばなどの薬味にされるワサビが日本の固有種であり、辛味は国内で独自に進化した産物であることが、岐阜大応用生物科学部の山根京子助教(43)=植物遺伝育種学=の研究で明らかになった。成果の論文が園芸学会の英文学術誌に掲載された。

http://www.gifu-np.co.jp/news/kennai/20150829/201508290858_25613.shtml

 (投稿者 Anonymous さん : 2015年08月30日)


 コメントしてください
実際に体験した感想や、新しい情報等がありましたら、ぜひ投稿してください。








 トラックバック

現在トラックバックは受け付けておりません

戻る

(C) 全国の名物 - クチコミLOG 2005-17