博多長浜ラーメン(福岡の名物)

/ 「九州の名物・お土産・特産」


  コメント

豚骨ラーメン“本場”の胃袋つかむ ネットで拡散、アジアから続々福岡へ

 ラーメン(拉麺)は元々、大陸の食文化だった。戦前に「支那そば」として日本に入り、独自の進化をとげた。現在は「日式拉麺」として中国に逆輸入されるだけでなく、世界各地で日本食として認知されている。

 電通が世界20カ国・地域で実施した「ジャパンブランド調査2016」では、すしや天ぷらと並び、知名度の高い日本食に選ばれた。

 新横浜ラーメン博物館(横浜市港北区)によると、日本式ラーメンの海外出店数は全世界で2千店を超える。同博物館の担当者は「外国人が日本のラーメン店を訪れるのは、多くの日本人が『イタ飯ブーム』後に、『本場の味を』とイタリアを訪れたのと同じ現象でしょう」と解説した。

 かつて九州限定の味だった白濁スープが、海を越えて、ファンを増やしている。

http://www.sankei.com/region/news/160927/rgn1609270008-n1.html

 (投稿者 Anonymous さん : 2016年09月27日)

新幹線に、博多のラーメン? 中国人が選んだ「日本の7不思議」=中国メディア

 中国メディア・巴蜀在線は5月31日、「日本の7不思議」と称し、日本旅行で経験すべきスポットについて紹介する記事を掲載した。記事が選んだ「日本の7不思議」は、京都の清水寺、兵庫の姫路城、広島の平和公園、京都の金閣寺、新幹線、富士山、そして福岡のラーメンだ。

 いずれも定番の観光スポットや乗り物を選択した感があり、特に奇抜さは感じられない。ただ、そのなかで福岡のラーメンを「不思議」の1つに選んだところに筆者のこだわりが垣間見える。

http://news.biglobe.ne.jp/international/0602/scn_160602_7156484695.html

 (投稿者 Anonymous さん : 2016年06月02日)

ロンドンで空前の「豚骨ラーメンブーム」が起きていた!

 ここ数年、ロンドンではラーメンが流行っているという。

 特にラーメン激戦区となっているのは市内中心地である地下鉄ピカデリーサーカス駅の周辺。多くのラーメン店がこの周辺に店を構えており、観光のついでにちょっと立ち寄る感じでラーメンの食べ歩きができてしまうほどだ。

http://nikkan-spa.jp/1074426

 (投稿者 Anonymous さん : 2016年03月22日)

飲んだ後のシメもヘルシーに 麺の入っていない豚骨ラーメンって?

 博多ラーメンの一風堂が、麺の入っていないラーメンの発売を3月1日から期間限定、3店舗のみで始めた。麺の代わりに入っているのは、福岡県の老舗豆腐店の豆腐。こってりした豚骨スープとあっさりした豆腐の味わいは、想像しただけでもとてもよく合いそうだ。

http://news.ameba.jp/20160303-448/

 (投稿者 Anonymous さん : 2016年03月03日)

日本の「庶民の味」広がる=ラーメンにお好み焼き-NY

米国最大の都市ニューヨークで日本食の裾野が広がってきた。すしや懐石など比較的高級な料理にとどまらず、最近ではラーメンやお好み焼きなど「庶民の味」も人気を集める。商機を逃すまいと、店舗が相次ぎオープンしている。
 ラーメンチェーン「博多一風堂」は2008年に進出した。スープに使う豚骨や水など素材にこだわる「本格派」の味で成功。「スープの一種とみなされていたものが、『これが本物のラーメン』と認知された」(業界筋)ことで、ブームに火が付き、新たなラーメン店が続々と登場した。

http://www.jiji.com/jc/zc?k=201601/2016010900168&g=eco

 (投稿者 Anonymous さん : 2016年01月10日)


 コメントしてください
実際に体験した感想や、新しい情報等がありましたら、ぜひ投稿してください。








戻る

(C) 全国の名物 - クチコミLOG 2005-17