投稿へ 戻る

小鯛ささ漬(福井)

/ 甲信越/北陸の名物・お土産・特産


コメント

若狭小浜小鯛ささ漬(福井県小浜市) 刺し身に近い風味

 福井県の若狭地方の中心地、小浜市の名物が「若狭小浜小鯛(こだい)ささ漬」。体長10センチ程度のレンコダイを三枚おろしにして塩や酢で仕込んだ加工品だ。農林水産省は2017年11月、農林水産物・食品をブランドとして保護する「地理的表示保護制度(GI)」の対象に登録した。

https://www.nikkei.com/article/DGXMZO27329910T20C18A2LB0000/

(投稿者 Anonymous さん : 2018年02月26日)

福井・小浜「小鯛ささ漬」 港町の逸品

 小鯛ささ漬は、浜焼き鯖(さば)と並ぶ、港町・福井県小浜市のお土産の定番だ。市内の家庭では、お正月やお盆に家族で食べるちょっとぜいたくな逸品で、酒のさかなにも白ご飯にも合う。

 小鯛ささ漬は明治時代後期、市内の魚屋と卸先の京都の料亭が共同開発した。キダイは若狭湾の底引き網漁で豊富にとれたが、水分が多くて傷みやすく、流通に向かない。水っぽく身が少ないため、価値も低かった。そこで、しめさばの技術を応用し、価値を高めた。まさに、先人の知恵の結晶だ。

http://mainichi.jp/articles/20160505/k00/00m/040/050000c

(投稿者 Anonymous さん : 2016年05月05日)


コメントしてください
実際に体験した感想や、新しい情報等がありましたら、ぜひ投稿してください。








戻る

(C) 全国の名物 - クチコミLOG 2005-18