ピオーネ(岡山の名物)

/ 「中国地方の名物・お土産・特産」


  コメント

岡山県の食材でシリアル次々発売 法人や企業、健康志向の女性狙う

 岡山県内の農業生産法人や食品加工会社が、地元産の食材を使ったシリアルを相次いで商品化している。手軽さと栄養バランスを兼ね備えた食品として、健康志向の女性らの人気を集めていることに着目。ハトムギや大豆、ピオーネといった食材を使用し、6次産業化商品などとして売り込んでいる。

 農業生産法人の国定農産(岡山市南区藤田)は4月1日、自社栽培するハトムギのシリアルを発売する。蒸したハトムギを専用設備で加熱しながらつぶして作る。味付けなしのプレーン(130グラム入り、税別800円)と黒糖味(同、850円)の2種類。切手をイメージしたラベルなどおしゃれな包装で、商品名は「はとむぎぶれいく」。

http://www.sanyonews.jp/article/318783

 (投稿者 Anonymous さん : 2016年03月24日)

甘さ抜群です ピオーネの出荷始まる

 岡山県内屈指のブドウ産地、新見市で24日、ビニールハウスで加温栽培された大粒の種なしブドウ・ピオーネの出荷が始まった。

 同市がA級グルメとして売り出している農作物で、同市豊永佐伏の「豊永ぶどう集出荷場」には約500キロが運び込まれ、JA阿新職員ら3人が大きさなどで3等級に仕分けした。

 主力の露地物は9月中旬から出荷される。

http://www.yomiuri.co.jp/gourmet/news/cooking/20130725-OYT8T00468.htm

 (投稿者 アイムトン さん : 2013年07月28日)


 コメントしてください
実際に体験した感想や、新しい情報等がありましたら、ぜひ投稿してください。








戻る

(C) 全国の名物 - クチコミLOG 2005-17