その他

/ その他の食品


  コメント

日本独自の習慣「お土産」

お盆休みを取るこの時期、旅行や帰省から帰る際に職場へお土産を買うかどうか悩む人も多いだろう。

https://news.careerconnection.jp/?p=26699

 (投稿者 Anonymous さん : 2016年08月16日)

地元の隠れた“名物”を全国へ--アマゾンに販売を丸投げできる「Amazonベンダーエクスプレス」

 ガイドブックには載っていないけれど、地元民からの人気が高く、わざわざ遠方から買いに来る人もいる――そんな隠れた名店や商品は、どの地域にも1つはあるものだ。しかし、こうした店舗(小売事業者)は少人数で運営していたり、製造に時間をかけていたりすることも多く、なかなかECサービスを使って、他の地域にまで販路を拡大する余力がない店舗も少なくない。

 アマゾンが2月1日に開始した「Amazonベンダーエクスプレス」は、こうした地方や小規模な店舗の課題を解決するかもしれない。同社が店舗から商品を買い取り、ECサイト「Amazon.co.jp」の商品の1つとして販売するサービスで、商品の保管から発送、さらには返品などのサポートを、24時間体制で請け負う。「Amazon プライム」会員向けの、お急ぎ便や当日お急ぎ便も対象になる。これにより、店舗は商品づくりに集中しながら、全国の消費者を相手に商売できるようになる。

http://japan.cnet.com/news/service/35079342/

 (投稿者 Anonymous さん : 2016年03月13日)

「国産農産物が安全」だと思っているのは日本人だけ!?

(主要国の農薬使用量で日本はワースト3)

「日本の農産物は安心・安全」。常識だと思っていたことが、海外ではまったく違う捉えられ方をしている。甘い安全基準が不安視されているのだという。東京五輪やTPPを控え、日本の農産物は大丈夫なのか?

◆[国産農産物は安全]神話が崩壊する!

 昨年11月23日、無農薬栽培で有名なリンゴ農家の木村秋則氏が、農業関連のシンポジウムでこんな“爆弾発言”をしていた。

「世界70か国の若手農家の集いに呼ばれてイタリアを訪問した際、『日本の農産物は本当に安心なのか。東京五輪のときには選手団にイタリアから食材を持参することを考えている』と言われました。日本の農産物が『安心・安全』というのは大間違いです」

http://www.msn.com/ja-jp/news/opinion/%E3%80%8C%E5%9B%BD%E7%94%A3%E8%BE%B2%E7%94%A3%E7%89%A9%E3%81%8C%E5%AE%89%E5%85%A8%E3%80%8D%E3%81%A0%E3%81%A8%E6%80%9D%E3%81%A3%E3%81%A6%E3%81%84%E3%82%8B%E3%81%AE%E3%81%AF%E6%97%A5%E6%9C%AC%E4%BA%BA%E3%81%A0%E3%81%91/ar-BBpdTZR#page=2

 (投稿者 Anonymous さん : 2016年02月08日)

もう我慢しない! 食べても太らないお菓子の食べ方3つのルール

・ゴールデンタイムを守る
分泌が一番少なくなる時間が午後3時ごろ。逆に、分泌量が多くなる時間は午後10時~午前2時ごろです。そのため、お菓子を午後3時に食べれば、夜に食べるよりも脂肪になりにくいのです。

・温かい飲み物と一緒に

・100kcal以内が目安

http://news.livedoor.com/article/detail/8505392/

 (投稿者 ちゅうザエモン さん : 2014年02月05日)


 コメントしてください
実際に体験した感想や、新しい情報等がありましたら、ぜひ投稿してください。








戻る

(C) 全国の名物 - クチコミLOG 2005-17