千疋屋(東京)

/ 「関東の名物・お土産・特産」


  コメント

パリで金賞獲得 銀座千疋屋のショコラ

 銀座千疋屋(東京)というと“高級果物”だが、この秋の「サロン・デュ・ショコラ・パリ」で、フランスでもっとも権威あるショコラ愛好会「クラブ・デ・クロクール・ド・ショコラ(C.C.C.)」品評会の最高位、“ゴールドタブレット”を獲得した。2年連続の快挙だ。

http://news.biglobe.ne.jp/trend/1101/ovo_161101_7263592265.html

 (投稿者 Anonymous さん : 2016年11月01日)

どうしてこの値段に?超高級メロンの秘密

マスクメロンの値段は1個1万4040円。どうしてこんな値段になるのか。その秘密を探るべく、静岡県袋井市の生産農家「中條メロン園」へ。メロンは南側に大きく屋根を広げた独特のハウスで作られる。

静岡県は温室メロンの収穫量日本一を誇るメロン王国。そんな特産地で親子3代、40年以上、千疋屋のメロンを作っているのが中條友貴さんだ。中條さんが作っているのは、マスクメロンの中でも特に糖度が高く、網目が美しく張り出したクラウンメロンというブランド品種だ。

栽培方法の一番の特徴は、一本の茎に一つの実を育てる「一茎一果」。通常5、6個の実がなるが、それを一つだけ残し、あとは間引いてしまう。「ひとつの木に2つ実をつければ収穫量は2倍になるが、品質も味も半分以下になります」(中條さん)という。残す実も選び抜く。

また、なっているメロンを見ると、どれも同じ様な高さに実をつけている。これは「下に実をつけるとメロンが大きくならないし、上すぎると形が長細くなったり、網目がつかなかったりする」(同)からだ。

http://www.mag2.com/p/news/223330

 (投稿者 Anonymous さん : 2016年10月13日)

銀座千疋屋のスイーツ専門店! 「サロン・デュ・ショコラ パリ」金賞のショコラも登場

 千疋屋といえばフルーツだが、銀座千疋屋が約10年ぶりにオープンする新店舗「銀座千疋屋 築地店」は、フルーツを使ったケーキやチョコレートを扱うスイーツ専門店だ。店内は、スイーツコーナー、ショコラルームとキッチンルームに分かれ、パティシエとショコラティエがスイーツを作る様子を直接見ることができる。

http://news.biglobe.ne.jp/trend/0115/ovo_160115_1655838554.html

 (投稿者 Anonymous さん : 2016年01月15日)


 コメントしてください
実際に体験した感想や、新しい情報等がありましたら、ぜひ投稿してください。








戻る

(C) 全国の名物 - クチコミLOG 2005-17