投稿へ 戻る

ゆぷと(東松島市)

/ 宮城の観光旅行


 コメント

東松島市健康増進センター「ゆぷと」無料入浴開放

 東松島市健康増進センター「ゆぷと」では、被災した市民の皆さま向けに、4月8日より無料入浴開放を行います。
 入浴時間スケジュールや地区による受入日が次のとおり決められているので、あらかじめご理解ください。

 ■実施日時 4月8日(金)から 9時~19時45分(最終受付時刻)

 ■地区別受入計画
 4月8日(金) 矢本東地区
 4月9日(土) 矢本西地区
4月10日(日) 小野地区
 4月11日(月) 赤井地区
 4月12日(火) 大曲地区
4月13日(水) 野蒜地区
 4月14日(木) 大塩・宮戸地区
 ※4月15日以降の計画は、8日以降の利用状況を参考に、順次入浴受入を実施予定。

http://www.city.higashimatsushima.miyagi.jp/topics_news/event/article/%E6%9D%B1%E6%9D%BE%E5%B3%B6%E5%B8%82%E5%81%A5%E5%BA%B7%E5%A2%97%E9%80%B2%E3%82%BB%E3%83%B3%E3%82%BF%E3%83%BC%E3%80%8C%E3%82%86%E3%81%B7%E3%81%A8%E3%80%8D%E7%84%A1%E6%96%99%E5%85%A5%E6%B5%B4%E9%96%8B%E6%94%BE

 (投稿者 通りすがり さん : 2011年04月07日)

東松島市健康増進センター「ゆぷと」=同市矢本=の鍵引渡し式が1日、同センターで行われた。指定管理者がコスモスポーツ(野澤文子社長)=茨城県筑西市=となり、ゆぷとは新たなスタートを切った。
 式にはゆぷとの全スタッフと市の関係者ら約30人が出席。阿部秀保市長は「仕切り直しとなったが、市と指定管理者が一体となって信頼関係を築き、市民の健康増進に努めたい」と述べ、野澤社長は「一人でも多くの人が笑顔でいられるように努力していく」と決意を語った。
 館内の大幅な改装は行っていないが、更衣室にベンチを置いてゆとりの空間を設けたほか、ロッカーの一部をロビーに配し、子供用とした。週2回は足を運んでいたという市内の主婦(55)は「再開に一安心した。会員登録して大いに活用したい」と話していた。
 ゆぷとの営業時間は平日が午前10時―午後10時。土日祝日は午前10時―午後9時。木曜休館。6月限定キャンペーンとして年間会員登録費(5250円)が2100円となり、回数券購入当日は施設使用料が無料。さらに水着やタオル類などが全品2割引となる。

 (投稿者 Anonymous さん : 2007年06月08日)

ゆぷと、経営危機

プールやトレーニング機器などを備えた東松島市矢本駅前の健康増進センター「ゆぷと」を管理する共同企業体が、五月末で業務から撤退することになった。四月からは、午後しか一般利用ができない状態になっており、市民から不満の声が上がっている。同市は二〇〇五年一月、企業体と二十年間の管理に関する協定を結んだが、オープンから二年連続で二千七百万円を超える赤字が見込まれ、企業体は「営業継続は不可能」と判断。市側は新たな管理先を探している。

http://www.sanriku-kahoku.com/news/2007_04/i/070405i-yuputo.html

 (投稿者 ニュースウォッチャー さん : 2007年04月05日)


 コメントしてください
実際に体験した感想や、新しい情報等がありましたら、ぜひ投稿してください。








 トラックバック

現在トラックバックは受け付けておりません

戻る



(C) 東北の旅ログ 2005-18