投稿へ 戻る

ホテル龍泉洞愛山(岩手・岩泉町)

/ 宮古市・久慈市・北三陸の宿


コメント

マツタケ半値! 豊作でにぎわう 岩手・岩泉で祭り

 岩手県内有数のマツタケの産地である岩泉町で3日、恒例の「岩泉まつたけ祭り」が開かれ、県内外の買い物客らでにぎわった。
 今年は豊作で、会場のホテル龍泉洞愛山では、通常1キロ5万~6万円のマツタケが1キロ2万~3万円と市価の半値ほどで販売された。あぶり焼きや釜飯などのコース料理も提供され、ツアー客らが旬の味覚を堪能した。
 マツタケの販売を手掛ける同ホテルの中村貞司社長は「猛暑で時期は遅れたが、今年の収穫量は例年の3倍以上。やや小ぶりだが、身がしまり、香りもいい」と話す。
 5年前まで岩泉まつたけ研究所の所長を務めた京都大非常勤講師の吉村文彦さん(69)は「猛暑でアカマツの養分が豊富だった上、秋の雨や温度変化が少なかったことなど、条件がそろったようだ」とみている。
 同町内のマツタケの販売は今月中旬まで。連絡先は岩泉まつたけ事業協同組合0194(22)3245。

(投稿者 ニュースウォッチャー さん : 2010年10月04日)


コメントしてください
実際に体験した感想や、新しい情報等がありましたら、ぜひ投稿してください。








トラックバック

現在トラックバックは受け付けておりません

戻る

(C) 東北の旅ログ 2005-18