投稿へ 戻る

温泉ペンション くまさんち(雫石町)

/ 雫石・紫波の宿


 コメント

温泉P.ショートホーン → 温泉ペンション くまさんちへ変更(経営者が替わったため)

 (投稿者 管理人 さん : 2014年02月06日)

3月に玄武洞温泉ペンション ショートホーン へ家族で宿泊しました。クチコミで安心して行きましたが違和感は初っ端から感じ始めました。まず車で到着しましたが全く出迎えもなく本当にここでいいのかな?といった感じでようやく奥さんが出てきましたが挨拶のひとつもありませんでした。リビングに入ってもお茶はセルフサービスですし足の悪いおばあちゃんに対しての気遣いの言葉もありません。皆さんが絶賛するほどの料理もたいしたものではなくキノコ類の鍋が出ましたが炭を使って温めるのですがキノコ類は菌が多くあるのでぐつぐつとした湯ではなければならないのですが弱い火で食べさせられました。調理師免許がないらしいのでなお更食事には気をつけて頂きたいです。ホームページでは入浴時間はいつでも!と記載されてますが、朝6時半~夜22時半までだと言われました。まだ雪も残る寒い日なのに燃料代が勿体無いから(奥さんが言ってました)とぬるいお湯に入り風邪をひく思いをしました。2階に上る階段を杖をついたおばあちゃんが上るのを見ても大丈夫ですか?の言葉もないですし寒くないですか?もありませんでした。ペットOKで連れてきましたが、実際ペットはお風呂に入れれません!と言われがっかり・・ロッジの方で寝た父は寒くて寒くて一睡も出来なったらしいです。朝お風呂へ入ろうと階段を下りると旦那さんがパジャマ姿で大あくび、朝食時には奥さんは髪も直さずの対応で終始不快感は取れませんでした。これで料金は高すぎ!!もう二度といく事はないと思いますがあまりにも良い意見しか記載されてないので、厳しい意見もあったほうがよいと思い述べさせて頂きました。ご夫婦とも岩手の出身ではないので本来の岩手県人はもっと世話好きで温かいです。

 (投稿者 baird さん : 2007年04月21日)


 コメントしてください
実際に体験した感想や、新しい情報等がありましたら、ぜひ投稿してください。








 トラックバック

現在トラックバックは受け付けておりません

戻る



(C) 東北の旅ログ 2005-18