日和山公園(石巻市)

/ 宮城の観光旅行


 コメント

第二の古里のために 「たい平桜」案内板除幕

 人気落語家、林家たい平さんのゆかりの桜「たい平桜」の案内板が石巻市の日和山公園に設置された。
 市民有志でつくる「林家たい平師匠石巻応援隊」が、第1駐車場近くの桜の木の前に設置した。案内板は縦60センチ、横85センチ。石巻で落語家になる決心をした経緯が記されている。
 21日の除幕式には、たい平さんをはじめ、応援隊のメンバーや市民ら約70人が出席。応援隊の後藤宗徳隊長(石巻観光協会会長)とたい平さんらが除幕した。

http://www.kahoku.co.jp/tohokunews/201604/20160424_15055.html

 (投稿者 Anonymous さん : 2016年04月26日)

桜ライトアップ再開へ

 宮城県石巻市は、桜の名所・日和山公園で東日本大震災後に休止していたライトアップを6年ぶりに再開する。市民の心の復興を後押しし、夜桜観賞で観光交流人口の拡大にもつなげる。
 公園にはソメイヨシノを中心に6品種400本の桜があり、今季は4月上旬に開花する見込み。市は開花から約1週間を観桜期間に設定し、期間中の土・日曜、日没から午後9時まで約15台の照明器具で照らす。

http://www.kahoku.co.jp/tohokunews/201603/20160322_13043.html

 (投稿者 Anonymous さん : 2016年03月23日)

日和山公園30年ぶり本格改修

来春 ぐんときれいに
大鳥居前を全面舗装
駐車場~あずまや安全配慮し歩道新設

 桜とツツジの名所で知られる、石巻市の日和山公園で大掛かりな改修工事が進んでいる。太平洋を一望する鹿島御児神社大鳥居前の広場を全面舗装するほか、新たな歩道の設置や園路の改修に取り組む。公園が昭和50年代に現在の姿になって以来、本格的な改修は約30年ぶり。石巻の代表的な観光スポットのお色直しを進める市は「安全で修景的にもきれいになる。整備が終わる来春には少し違った雰囲気で花見が楽しめるのでは」と、訪れる市民や観光客の増加を期待する。

http://www.sanriku-kahoku.com/

 (投稿者 ニュースウォッチャー さん : 2010年11月29日)


 コメントしてください
実際に体験した感想や、新しい情報等がありましたら、ぜひ投稿してください。








戻る

(C) 東北の旅ログ 2005-17