トピックス

/ その他の温泉、トピックス等


 コメント

「じゃらんnet」、今度は宿の承諾を得ずに加盟施設のFacebookを作成

じゃらんnetを運営するリクルート社が個々の旅館ホテルの承諾を得ず勝手に各施設の“公式フェイスブックページ”を作成し、7月1日に公開したことで、宿泊業界内に反発と不安が広がっている。事態を受け、全旅連青年部は全国の宿泊施設を対象とした無料セミナー「緊急開催じゃらんnetと『facebook』連携で宿泊業界はどう対応すればいいの」を8日・名古屋(つちやホテル)、11日・大阪(道頓堀大和屋)、14日・東京(全国旅館会館)で開いた。急きょ設定、開催したものだが、3会場合わせて約100人が参加した。

http://hokutonomado.com/?p=1201

 (投稿者 Anonymous さん : 2017年11月29日)

山形県鶴岡市は2014年12月「ユネスコ食文化創造都市」に認定された。日本で認められたのは同市だけだ。

http://www.nikkei.com/article/DGXLASFB27HBI_Y6A720C1L01000/

 (投稿者 Anonymous さん : 2016年07月29日)

地熱発電 保険で開発促進 東京海上、温泉変化時に補償

 東京海上日動火災保険は6月から、地熱発電の事業者を対象にした新たな賠償責任保険を販売する。地熱発電所の好立地には温泉が多く、周辺の温泉業者から温泉の枯渇や湯質の変化を警戒する声が多かった。

 新たな保険では温泉に問題が起きた場合に、温泉業者が原因を調査する費用や営業で生じる損失額を補償する。事業者が近隣住民の理解を得たうえで新たな発電所の開発に乗り出しやすくなる仕組みを整える。

http://www.nikkei.com/article/DGXLASGC09H12_Z00C16A6NN7000/

 (投稿者 Anonymous さん : 2016年06月14日)

etcポイントは3月で消えてしまうポイントがあるんですね。

5000円以下だと自動還元されないので、手動での還元処理が必要みたいです。

自分は2500円分、パーになるところでした。‥なんとも不親切ですね~。

 (投稿者 ぞう さん : 2016年03月09日)

カレンダーを見たら、3連休の初日で春休み中、ということじゃないですかね~。

追記)2016.3.20
ごまちゃん殿、申し訳ございません。わたくしが間違っておりました。

「宿泊施設足りぬ…函館での土木学会、開催断念」
http://www.yomiuri.co.jp/economy/20160318-OYT1T50044.html
の記事をみまして、この学会の場合「土木学会全国大会は毎年9月に3日間開催される。研究者のほか、行政、土木会社などから5000人以上が宿泊する。」そうですね。

今回の仙台の場合の日本循環器学会(約25,000名)も大きな学会のようで、土木学会(約40,000名)にたいしては多少劣りますが、それでも大きな学会のようでございました。

よく調べもせずに自分の考えを展開してしまいまして、反省しております。

 (投稿者 ぞう さん : 2016年02月09日)

温泉の話ではありませんが、3月19日は仙台市内のホテル、ほぼ満室状態になっています。
旅行代理店の人に聞いたら、どうやら大きな学会?があるとか。それで仙台市内のホテルがぜんぶ埋まっているとのこと。3月19日前後も仙台市内は宿取りにくい状況になっているようです。

ちなみに、秋保や作並の温泉宿でもこの日はかなり予約がうまっているとか。嵐のコンサートほどではありませんが、なんかすごいことになっている話でした。

 (投稿者 ごまちゃん さん : 2016年02月09日)

アパホテル、ホテル不足便乗で料金3倍値上げに批判殺到…徹底した利益追求の代償

 こうしたホテルの値上げに関連して、インターネットや雑誌などのメディアで大きく取り上げられているのがアパホテルです。その内容は概ね「普段は1万円もしない部屋が週末や大雪などの天候により、3万円程度にまで引き上げられる。部屋もサービスも同じなのに、3倍という価格差は大きすぎる。3万円は、一流のシティホテルにも泊まれる価格だ」といった内容です。

http://biz-journal.jp/2016/02/post_13679.html

 (投稿者 Anonymous さん : 2016年02月08日)

地熱発電開発に反対姿勢貫く 日本温泉協会、理事会で取り組み報告

冒頭のあいさつで「地熱発電開発は温泉地や温泉利用を脅かすもの。にもかかわらず環境省が国立公園の特別保護地域について10月に域外からの斜め掘りを可能とする規制緩和を行ったことは容認できない」と話し、環境省に対し反対の意見書を提出したことを紹介。佐藤・地熱対策特別委員長も、地熱発電開発の候補地である福島県磐梯・安達太良地区の地熱対策委員会が8月に調査・開発を一切認めないことを決議したことを報告するなど、国策として進められている地熱発電開発の対抗策を紹介していた。

http://www.travelvision.jp/news-jpn/detail.php?id=70711

 (投稿者 Anonymous さん : 2016年01月13日)

1月16日(土)放送の土曜スペシャル『冬の東北 雪見&混浴めぐり』(テレビ東京ほか、18:30~20:54)で、さとう珠緒、中田あすみ、原史奈、平嶋夏海がセクシーな入浴シーンを披露する。

同番組は、雪見の秘湯、絶景露天風呂、老舗旅館の人気湯など、日本有数の名湯が揃う、東北の混浴温泉16湯を巡るバラエティ。宮城県の鬼首温泉郷をスタート地点に、スギちゃん・さとう・中田、原田龍二・原・平嶋の2組に分かれ、2泊3日で計16湯をドライブで巡る。

今回、2組が巡るのは、青荷温泉(青森)、酸ヶ湯温泉(青森)、乳頭温泉(秋田)、泥湯温泉(秋田)、松川温泉(岩手)、鉛温泉(岩手)、大沢温泉(岩手)、赤倉温泉(山形)、瀬見温泉(山形)、湯の瀬温泉(山形)、鳴子温泉(宮城)、中山平温泉(宮城)、作並温泉(宮城)、鎌先温泉(宮城)など。そこで絶品郷土料理を堪能するほか、混浴ならではの心温まる触れ合いも楽しむ。

http://dogatch.jp/news/tx/37156

 (投稿者 Anonymous さん : 2016年01月13日)

ネコのうんちをトイレに流すのは絶対ダメ!

 Twitterユーザーのあの佐々岡さんが、ネコのうんちを人間用のトイレに流して大変な目にあったというエピソードをマンガにして公開し、大きな話題になっています。

 家のトイレが壊れてしまい水道屋さんを呼んだところ、「猫のウンチとかトイレに流してない? 猫のうんちは水に絶対溶けないから。流すと詰まるんで、絶対に流しちゃだめだよ」と衝撃の事実を知らされたそう。トイレにうんちを流してどうしていけないのかという気がしますが、実はネコのうんちは人間のうんちよりも水に溶けにくく、流し続けるとどんどん溜まっていってしまうのだそう。また、ネコのうんちに含まれるネコ毛もつまりの原因になるのだそうです。し、知らなかった……!

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20151218-00000118-it_nlab-sci&pos=5

 (投稿者 Anonymous さん : 2015年12月22日)


 コメントしてください
実際に体験した感想や、新しい情報等がありましたら、ぜひ投稿してください。








戻る

(C) 東北の旅ログ 2005-17