道の駅白鷹ヤナ公園・あゆ茶屋&大平橋(白鷹町)

/ 山形のグルメ


 コメント

 二十四節気の「小寒」(寒の入り)にあたる6日、白鷹町の「道の駅 白鷹ヤナ公園あゆ茶屋」で、冬の味覚「寒風干かんざらし鮎あゆ」作りが始まった。

 寒風干し鮎は、体長約20センチの鮎の内臓を取り除き、たれに漬け込んだ後、軒先につるし、寒風にさらして仕上げる。寒暖差により水分が抜け、うまみが凝縮されるという。今後も作業を続け、約8000匹作る予定。

http://www.yomiuri.co.jp/local/yamagata/news/20160106-OYTNT50047.html

 (投稿者 Anonymous さん : 2016年01月07日)

秋の味覚詰め込んだ「あゆ御膳」 白鷹町内3店舗で提供

 アユをはじめとする白鷹町の秋の味覚をたっぷり味わえる「あゆ御膳」の提供が1日、町内の3店舗で始まった。塩焼きなどを共通メニューに据え、各店独自の味わいをプラスした彩り豊かな10月末までの限定メニュー。発売に合わせ1日、道の駅白鷹ヤナ公園あゆ茶屋で発表会が開かれた。

 町商工会が音頭を取り町内の飲食店や観光施設が「白鷹鮎(あゆ)まつり」(今年は19~21日)の時季に合わせて提供し14年目。昨年と同じくあゆ茶屋とパレス松風、割烹(かっぽう)ひさごの3店が参加した。塩焼きのほかアケビのみそ揚げやアユご飯などを統一メニューとし、各店で趣向を凝らしたものを合わせ計10品以上を盛り込んだ。

http://www.yamagata-np.jp/news/201509/02/kj_2015090200036.php

 (投稿者 Anonymous さん : 2015年09月03日)

秋の味覚、アユ楽しんで 白鷹で13日開幕

 山形県白鷹町の最上川河畔にある道の駅「白鷹ヤナ公園」で13~15日、「第38回白鷹鮎(あゆ)まつり」(実行委員会主催)が開かれる。
 名物のアユの塩焼きをはじめ豆腐田楽や芋煮など地元料理の販売のほか、魚のつかみ取り、ザリガニ釣りなどさまざまなイベントを用意する。
 道の駅が面する国道287号は、地滑り復旧工事のため道の駅の北約3キロで通行止めだが、県道の迂回(うかい)路がある。道の駅南側の国道287号は通行できる。

 最上川に常設する国内最大規模のやな場では、産卵で川を下るアユを狙う「落ちアユ漁」が今月下旬から本格化する。

http://www.kahoku.co.jp/tohokunews/201409/20140912_55045.html

 (投稿者 Anonymous さん : 2014年09月14日)

アユの塩焼き、ずらり 白鷹鮎まつり

 第35回白鷹鮎(あゆ)まつりが17日、県内最大の「やな」がある白鷹町の道の駅白鷹ヤナ公園で始まった。

 “目玉”のアユの塩焼きがずらり並び、炭火で焼く香ばしいにおいがたちこめる中、来場者たちは次々と買い求めて笑顔で頬張っていた。

 やなのアユは今シーズン水量が少なく水温が低いことからまだ捕れていないが、条件次第ではまつり期間中に掛かることもあるという。町観光協会や町商工会などでつくる実行委員会が主催。昨年は3日間で約4万人が来場し、ことしは2万5000人を見込む。津軽三味線ライブや川魚のつかみ捕りなども予定されている。今日19日まで。

http://www.yamagata-np.jp/news/201109/18/kj_2011091801627.php

 (投稿者 呼んでいる さん : 2011年09月19日)


 コメントしてください
実際に体験した感想や、新しい情報等がありましたら、ぜひ投稿してください。








戻る

(C) 東北の旅ログ 2005-17