投稿へ 戻る

吾妻小富士(浄土平)

/ 福島の観光旅行


 コメント

夜も開館「浄土平天文台」 輝く星空!標高1600メートルから満喫

 吾妻山の噴火警戒レベル引き下げに伴い、福島市は19日、浄土平天文台の夜間の開館を再開した。訪れた天文愛好家らは上空に広がる星空を楽しんだ。夜間開館は29日まで。

 浄土平は標高約1600メートルに位置する天体観測の名所。しかし、2014(平成26)年に噴火警戒レベルが2に引き上げられたことに伴い、磐梯吾妻スカイラインが夜間通行止めに。同天文台も日中のみの営業となった。豊島直紀台長(58)は「星を眺める楽しさを満喫してほしい」と話した。

 夜間の開館時間は水、土曜日の午後7時~同9時。雨天、曇天の場合は中止。日中は午前10時~午後5時。月曜日は休み。

http://www.minyu-net.com/news/news/FM20161020-120756.php

 (投稿者 Anonymous さん : 2016年10月21日)

磐梯吾妻スカイライン『秋支度』 浄土平周辺、紅葉の彩り輝く

 吾妻連峰を走る磐梯吾妻スカイラインの浄土平周辺(標高約1600メートル)で秋の深まりとともに紅葉が進み、山を彩り始めている。29日は紅葉を楽しむ観光客らの姿があった。

 浄土平ビジターセンターによると、今年は例年並み。今月中旬から最低気温が10度を下回る日が多くなり、色づき始めた。浄土平の紅葉は来週末まで楽しめる。

http://www.minyu-net.com/news/news/FM20160930-115703.php

 (投稿者 Anonymous さん : 2016年10月01日)

磐梯吾妻スカイライン不動沢橋-浄土平区間、7月21日再開通

 県は21日、関東・東北豪雨による路肩の崩落で通行止めとなっている福島市の磐梯吾妻スカイライン不動沢橋―浄土平区間(6.8キロ)について、7月21日午前7時に再開通すると発表した。

http://www.minyu-net.com/news/news/FM20160622-086146.php

 (投稿者 Anonymous さん : 2016年06月23日)

30日まで「地鶏兄弟フェア」 スカイライン・浄土平レストハウス

 県観光物産交流協会は4日から、磐梯吾妻スカイライン浄土平レストハウスで川俣シャモと会津地鶏を使った料理や6次化商品を集めた「地鶏兄弟フェア」を開いている。30日まで。

 フェアの期間限定で同レストハウスのレストランなどのメニューに、会津地鶏のソースカツ丼(1200円)や川俣シャモの親子丼(同)などを追加。会津地鶏と川俣シャモの食べ比べセット(1300円)なども提供する。さらに会津地鶏を使ったラーメンや鳥がゆ、川俣シャモカレー、スープなどの6次化商品の販売も行う。

http://www.minyu-net.com/tourist/naka/FM20160606-081977.php

 (投稿者 Anonymous さん : 2016年06月07日)

雄大に広がるパノラマ スカイライン周辺にぎわう

 3日からのゴールデンウイーク後半を前に県内の景勝地は2日も大勢の観光客でにぎわった。福島市と猪苗代町を通る磐梯吾妻スカイラインの浄土平レストハウス周辺は風が強かったものの時折薄日が差した。訪れた観光客らは吾妻小富士(1707メートル)に登り、噴気を上げる一切経山など雄大な山岳パノラマを楽しんでいた。
 磐梯吾妻スカイラインは吾妻山の噴火警戒レベルが2(火口周辺規制)のため、午後5時から翌日午前7時まで全区間が進入禁止となっている。

https://www.minpo.jp/news/detail/2016050330718

 (投稿者 Anonymous さん : 2016年05月03日)

通行時間“3時間早く” スカイライン・浄土平-高湯間

 吾妻山(一切経山)の火山ガスの影響で通行時間が短縮されている磐梯吾妻スカイライン浄土平-高湯ゲート間(福島市、延長14.8キロ)は28日から、通行開始時間を3時間早め、午前7時から通行できるようになる。県が27日発表した。

http://www.minyu-net.com/news/news/0527/news13.html

 (投稿者 Anonymous さん : 2015年05月28日)

スカイライン全区間再開通

 吾妻山(一切経山)の火山ガス濃度の基準値超えに伴う通行止めが4日、全区間で解除された磐梯吾妻スカイライン。本県を代表する観光道路の解除を待ち望んでいた観光客の車が列をつくり、景色を楽しんだ。解除の判断が、この日朝までずれ込んだ高湯ゲート側の温泉関係者も一安心の様子。大型連休は残すところ、あと2日。大型観光企画「ふくしまデスティネーションキャンペーン(DC)」で誘客を目指す観光業者は「仕切り直し」と意気込んだ。

 休止していた沿道の浄土平レストハウスや浄土平ビジターセンターなども営業を再開。駐車場は午後3時ごろまで満車状態で、県外ナンバーや団体客の姿が目立った。

http://www.minyu-net.com/news/news/0505/news6.html

 (投稿者 Anonymous さん : 2015年05月05日)

3日連続で基準値超 スカイライン通行止め継続

 吾妻山(一切経山)で火山ガス濃度が基準値(10ppm)を超え、全面通行止めとなっている観光道路・磐梯吾妻スカイライン(福島市、猪苗代町、延長28.7キロ)について、県は2日、火山ガスに含まれる有毒な硫化水素の濃度が同日午前6時の計測で基準値を超える11.3ppmを観測したと発表した。基準値超えは3日連続。県は3日も全面通行止めを継続し、濃度の計測を続ける。

http://www.minyu-net.com/news/news/0503/news6.html

 (投稿者 Anonymous さん : 2015年05月03日)

スカイラインは17日に再開通

 冬季閉鎖中の観光道路「磐梯吾妻スカイライン」(福島市、猪苗代町、延長28.7キロ)は17日に再開通する。吾妻山(一切経山)の噴火警戒レベルの引き上げに伴う安全対策のため例年より開通が遅れていたが、対策のめどが立った。

http://www.minyu-net.com/news/news/0406/news15.html

 (投稿者 Anonymous さん : 2015年04月07日)

浄土平“秋色の絶景”

 福島市の吾妻連峰を通る磐梯吾妻スカイライン沿いの山々で紅葉が見ごろを迎えている。
 浄土平(標高約1600メートル)では、木道から望む景色が鮮やかに彩られている。周囲の山肌にはナナカマドやミネザクラの赤色や、ダケカンバやミネカエデの黄色、湿原の草紅葉などで秋色に染められていた。
 浄土平ビジターセンターによると、今年は残暑が少なく9月中旬から最低気温が10度を下回り一気に紅葉が進み、平年より5日ほど早いという。スカイラインの紅葉はこれから標高の低い方へと進み、10月中旬まで楽しめる。

http://www.minyu.co.jp/news/movie/141003/news1.html

 (投稿者 Anonymous さん : 2014年10月03日)

浄土平駐車場の無料化継続へ

 石原伸晃環境相は16日、恒久無料化になった磐梯吾妻スカイラインで、環境省が管理する浄土平駐車場について、新年度も無料開放を継続する方向で調整していることを明らかにした。
 一方、駐車場の無料化を続けた場合、駐車料金を主な収入源にしていた浄土平ビジターセンターの運営経費への支援が課題となる。

http://www.minyu-net.com/news/topic/140317/topic6.html

 (投稿者 阿仁の鱒 さん : 2014年03月18日)

磐梯吾妻スカイライン、4月8日に再開通

春の足音が近づく中、福島市の磐梯吾妻スカイラインでは、4月8日の再開通に向けた除雪作業が本格化している。
 現在の積雪量は高湯側が平年を50センチ上回る約2メートル。除雪を行う県道路公社によると、今年は2月中旬の大雪の影響で、例年よりも積雪量は多いという。作業は福島市の旧高湯料金所近くのゲートから今月3日に始まり、ロータリー除雪車やブルドーザーなど計8台が連日出動、現在は同ゲートから約11キロ地点まで進んだ。

http://www.minyu-net.com/news/topic/140313/topic1.html

 (投稿者 阿仁の鱒 さん : 2014年03月14日)

磐梯吾妻道路などあすから恒久無料に

 東日本大震災からの観光復興の一環で無料開放措置が取られていた磐梯吾妻道路(スカイライン)など3つの有料道路の料金徴収期間が24日で満了となり、25日から恒久的に無料開放される。

 対象となるのは、紅葉の名所として知られる磐梯朝日国立公園内に位置する観光有料道路で、このほかに磐梯山有料道路(ゴールドライン)と第2磐梯吾妻道路(レークライン)。

http://sankei.jp.msn.com/region/news/130724/fks13072402120001-n1.htm

 また、浄土平駐車場も、昨年に引き続き県の観光復興キャンペーンとして平成25年度も無料です。

http://www.tif.ne.jp/soumu/zyodo.htm

 (投稿者 阿仁の鱒 さん : 2013年07月24日)

「一切経山」に二つの噴気 火山活動には変化なし

 高さ100~200メートルの噴気が噴出し続けている吾妻連峰の一切経山(福島市)で、今年に入り、この噴気が噴き出す場所のすぐ近くから同じ規模の噴気が噴き出していることが分かった。9日は二つの噴気が並んで立ち上る光景が見られた。
 仙台管区気象台火山監視・情報センターによると、一切経山の火山活動に変化はない。

http://www.minyu-net.com/news/news/1010/news2.html

 (投稿者 鱒二いさん さん : 2012年10月10日)

“雪の回廊”スカイライン、4月8日無料再開通

福島市の春の観光名所となっている磐梯吾妻スカイラインの「雪の回廊」が復活することが、決まった。県道路公社が同日、観光復興の足掛かりにしたいとして、スカイラインの再開通を例年通り4月8日とするなど、県内観光有料道路3ラインの再開通日を発表した。県は、新年度当初予算案に観光有料3ラインを無料開放するための経費を盛り込んでおり、無料で春の名物が楽しめることになりそうだ。
 磐梯山ゴールドライン、磐梯吾妻レークラインも例年同様、4月第3金曜日となる同20日に再開通する。期間は3ラインとも11月15日まで。
 雪の回廊は、浄土平から土湯ゲート側に進んだ鳥子平から約1.5キロの区間で登場する。

http://www.minyu-net.com/news/news/0214/news11.html

 (投稿者 だんぽさん さん : 2012年02月14日)

“秋の気配”色づくリンドウ 福島・浄土平などで咲き始め

 23日は二十四節気の一つ「処暑」。暑さもようやく収まり涼風が吹く時期とされる。
 福島市の磐梯吾妻スカイラインの浄土平や周辺のキャンプ場などでは、エゾオヤマリンドウやエゾリンドウが咲き始め、訪れる人に秋の気配を感じさせている。

http://www.minyu-net.com/news/photo/0823/photo_news.html

 (投稿者 通行人 さん : 2011年08月23日)


 コメントしてください
実際に体験した感想や、新しい情報等がありましたら、ぜひ投稿してください。








戻る



(C) 東北の旅ログ 2005-18