中津川渓谷(磐梯朝日国立公園)

/ 福島の観光旅行


 コメント

磐梯高原・裏磐梯が2年連続1位

 旅行予約サービス「楽天トラベル」の「2017年紅葉旅行が人気のエリアランキング」で、磐梯高原・裏磐梯が2年連続で全国1位に輝いた。楽天が17日発表した。

 同エリアは観光道路「磐梯吾妻スカイライン」「磐梯山ゴールドライン」のドライブや、トレッキングしながら紅葉狩りができる旅行先として人気を集めている。

 2位は白馬・八方尾根・栂池高原・小谷(長野県)、3位は上高地・乗鞍・白骨(同)、4位は定山渓(北海道)、5位は旭川・層雲峡・旭岳(同)だった。

 ランキングは「紅葉」のキーワードを含む宿泊プランを2人以上で予約した人数に泊数を掛けた「予約人泊数」をもとに集計した。期間は9月15日~12月15日。

http://www.minyu-net.com/news/news/FM20171018-212832.php

 (投稿者 Anonymous さん : 2017年10月20日)

鮮やか錦秋の彩り「中津川渓谷」 裏磐梯で紅葉美しく染まる

 猪苗代町と北塩原村にまたがる裏磐梯の中津川渓谷の紅葉が美しく染まり、赤や黄色のミズナラやカエデ、ウルシなどが錦秋の彩りを演出している。

 近くの猪苗代町中津川渓谷レストハウスによると、例年に比べ1週間ほど遅い今月10日に色づき始め、先週末から見ごろを迎えたという。

http://www.minyu-net.com/news/news/FM20161025-122011.php

 (投稿者 Anonymous さん : 2016年10月25日)

<磐梯山>新緑・湖沼 山頂大パノラマ

 福島県猪苗代町、磐梯町、北塩原村にまたがる磐梯山(1816メートル)で22日、山開きがあり、登山シーズンを待ちわびた愛好者や家族連れでにぎわった。

 この日は晴天に恵まれ、山頂では桧原湖や猪苗代湖、飯豊連峰、吾妻山、安達太良山などがくっきり見えた。登山者は写真を撮ったり、食事を取ったりしながら、眼下に広がる360度のパノラマを満喫した。

http://www.kahoku.co.jp/tohokunews/201605/20160523_65003.html

 (投稿者 Anonymous さん : 2016年05月24日)


 コメントしてください
実際に体験した感想や、新しい情報等がありましたら、ぜひ投稿してください。








戻る

(C) 東北の旅ログ 2005-17