みなみかた千本桜(登米市)

/ 宮城の観光旅行


 コメント

<道の駅米山>色とりどり 笑顔も咲く

 宮城県登米市にある「道の駅米山」に隣接する圃場で、色とりどりのチューリップが咲き誇り、訪れた人の目を楽しませている。
 道の駅によると、広さ約1ヘクタールの圃場に60種10万株が植栽され、現在6割ほどが花を咲かせた。紫の「夢の紫」、黄の「フラッシュバック」、赤の「フレミングパーロット」などが人気だという。

http://www.kahoku.co.jp/tohokunews/201604/20160422_15007.html

 (投稿者 Anonymous さん : 2016年04月22日)

みなみかた千本桜【見頃期間4月中旬~下旬】
南方町大袋堤防(市道高石梶沼線)の桜並木。約6kmにおよぶ桜並木は、まさに圧巻の一言。ドライブコースにも最適です。

米山チューリップまつり【4月24日(日曜日)~5月8日(日曜日)】
道の駅米山「ふる里センターY・Y」西側100aの圃場に、約10万株、60種の赤や白、黄色、ピンクなど色とりどりの花が咲き乱れます。期間中は、農産物や球根などの販売も行われます。

http://www.city.tome.miyagi.jp/oshirase/shou-kan/h28harunoohanami.html

 (投稿者 Anonymous さん : 2016年04月16日)

〝ピンク色の回廊〟に 18~19日はステージイベント

登米市南方町、大袋堤防の〝みなみかた千本桜〟が見ごろを迎え、ピンク色の桜の回廊がドライバーらの目を楽しませている。みなみかた千本桜は、南方町新高石から南大畑までの市道沿い約6キロにわたる桜並木。1965年ごろ、高石地区の商店主らが植樹したことから始まり、90年に財団法人「さくらの会」から寄付された約1000本の若木が成長して「みなみかた千本桜」と呼ばれるようになった。

http://www.osakitimes.com/R/index2.html

 (投稿者 Anonymous さん : 2015年04月16日)

チューリップ10万本と歩く

 色とりどりのチューリップを楽しむ「米山チューリップまつり」が、宮城県登米市米山町の道の駅米山西側にある転作田で開かれている。11日まで。
 道の駅米山ふるさとセンターY・Yと米山町農業生産組織連絡協議会の主催。約1ヘクタールの敷地に、「白雪姫」や「レーンバンデマーク」など60種計約10万本が植えられ、赤や紫、黄、白などの花が鮮やかに咲いている。

http://www.kahoku.co.jp/tohokunews/201405/20140502_15029.html

 (投稿者 Anonymous さん : 2014年05月03日)

登米市花の名所を巡る無料巡回バス

登米市内の花の名所を巡る巡回バスを運行します!!
登米風土博覧会、東北風土マラソンの会場でもある長沼フートピア公園や
みなみかた千本桜、平筒沼公園、横山不動尊などを巡回します。
時刻表をご確認のうえ、ぜひご利用ください。

http://www.tome-city.com/news/%E8%8A%B1%E3%81%AE%E5%90%8D%E6%89%80%E3%82%92%E5%B7%A1%E3%82%8B%E7%84%A1%E6%96%99%E5%B7%A1%E5%9B%9E%E3%83%90%E3%82%B9%E3%80%8C%E3%81%AF%E3%81%A3%E3%81%A8%E3%83%B3%E5%8F%B7%E3%80%8D%E9%81%8B%E8%A1%8C/

 (投稿者 Anonymous さん : 2014年04月22日)

みなみかた千本桜 見ごろです!!

南方町大袋堤防(市道高石梶沼線)の桜並木。
1000本あるといわれる約6kmにもおよぶ桜並木はまさに圧巻の一言で、ドライブコースにも最適です。
4月26日(土)27日(日)は、みなみかた千本桜まつりを開催します。
約6キロにも及ぶ桜のトンネルをぜひお楽しみ下さい♪(o・ω・)ノ

http://www.tome-city.com/news/%E3%81%BF%E3%81%AA%E3%81%BF%E3%81%8B%E3%81%9F%E5%8D%83%E6%9C%AC%E6%A1%9C%E3%80%80%E8%A6%8B%E3%81%94%E3%82%8D%E3%81%A7%E3%81%99/

追記)
まつりは
26日:午後1時~
27日:午前10時~
入場無料、並木周辺の2箇所に臨時駐車場
南方総合支所tel.0220-58-2112

 (投稿者 Anonymous さん : 2014年04月22日)


 コメントしてください
実際に体験した感想や、新しい情報等がありましたら、ぜひ投稿してください。








戻る

(C) 東北の旅ログ 2005-17