投稿へ 戻る

ホテル・エルファロ=女川トレーラーハウス宿泊村

/ 石巻市・女川の宿


 コメント

「エル・ファロ」町中心部へ 観光に期待

 東日本大震災で被災した宮城県女川町で、トレーラーハウスを利用した宿泊村「エル・ファロ」を町中心部へ移設する計画が浮上していることが2日、関係者への取材で分かった。現在地で土地区画整備事業が迫っていることなどが理由。関係者は「移設された場合、復興まちづくりの中心エリアで滞在型観光が推進される」と期待する。
 エル・ファロは2012年12月、清水地区の町営住宅跡地にオープン。被災した町内の旅館経営者4者で設立した「女川町宿泊村協同組合」が運営する。移動可能なトレーラーハウス40台を備え、約60室で最大約150人が宿泊できる。
 移設候補地は町有地約7000平方メートルで、現在地から約1キロ南。JR女川駅や町営「女川温泉ゆぽっぽ」、商店街「シーパルピア女川」などの施設に近い。

http://www.kahoku.co.jp/tohokunews/201611/20161103_13030.html

 (投稿者 Anonymous さん : 2016年11月04日)


 コメントしてください
実際に体験した感想や、新しい情報等がありましたら、ぜひ投稿してください。








戻る



(C) 東北の旅ログ 2005-18