浄土ヶ浜旅館(宮古市)

/ 宮古市・久慈市・北三陸の宿


 コメント

<震災5年半>宮古の旅館 復旧全力

 東日本大震災の津波で全壊し再建した岩手県宮古市築地の「浄土ケ浜旅館」が、台風10号豪雨で浸水被害に遭い営業休止に追い込まれた。10月1日に開幕する岩手国体で選手の宿泊所になっており、従業員らが一丸となって復旧作業に取り組んでいる。震災を乗り越え、今度は台風被害に立ち向かうおかみの佐々木美津子さん(68)は「最高の笑顔とおもてなしで選手を迎えたい」と張り切る。

http://www.kahoku.co.jp/tohokunews/201609/20160911_33028.html

 (投稿者 Anonymous さん : 2016年09月11日)


 コメントしてください
実際に体験した感想や、新しい情報等がありましたら、ぜひ投稿してください。








戻る

(C) 東北の旅ログ 2005-17