福島のトピックス

/ 福島の観光旅行


 コメント

黄金色に染まる「草紅葉」 尾瀬・大江湿原で見ごろ、ハイカー魅了

 尾瀬国立公園の尾瀬沼周辺(檜枝岐村)で、湿原の草紅葉(くさもみじ)が見ごろを迎え、ハイカーを魅了している。

 大江湿原では、木道脇の草原を黄金色に染めた光景が広がる。21日は曇り空だったが、時折、雲の隙間から光が差し込むと、草の葉は鮮やかに輝いた。

 草紅葉は今後、冷え込むごとに紅色へと色を変えていく。尾瀬檜枝岐温泉観光協会によると、10月上旬ごろまで楽しめるという。

http://www.minyu-net.com/news/news/FM20160922-113599.php

 (投稿者 Anonymous さん : 2016年09月22日)

「宿泊補助券」2016年も発売 北塩原村、全国主要コンビニで

 北塩原村は5月2日から、村内の宿泊施設で利用できる宿泊補助券「裏磐梯ハッピートラベルチケット」を発売する。額面5000円分を2500円で購入できるチケットで、全国主要コンビニエンスストアで売り出す。

http://www.minyu-net.com/news/news/FM20160420-067519.php

 (投稿者 Anonymous さん : 2016年04月21日)

ラーメンの街で新たな出会いを! 2月27日に「麺結びで縁結び」

 喜多方市内での結婚や定住、子育てを促進する出会いの場創出事業「麺結びで縁結び」は、2月27日午後1時から同市で開かれる。喜多方地方広域若人振興会「やんべ」は同21日まで、参加者を募集している。福島民友新聞社などの後援。

http://www.minyu-net.com/tourist/aidu/FM20160123-044508.php

 (投稿者 Anonymous さん : 2016年01月24日)

温泉と食テーマに「スタンプラリー」 福島県内の738施設参加

県は15日から、大型観光企画「アフターDC(デスティネーションキャンペーン)」の特別周遊企画「プレゼント&クーポンキャンペーン2016~ふくしま温泉・グルメスタンプラリー」を行う。

 4~6月に県内で開かれるアフターDCに合わせた企画で、県内の旅館やホテル、日帰り入浴施設、飲食店、道の駅、高速道路のサービスエリアなど738施設が参加。各施設にあるスタンプを集めると、「びゅう商品券10万円分」などの賞品が当たる抽選会に応募できる。

 抽選は12月31日までの期間中に4回あり、1人につき各回1回ずつ応募できる。スタンプの台紙は、県が発行するキャンペーンの冊子に付いている。また、冊子には、参加施設で割引などのサービスを受けられるクーポンが付いている。

http://www.minyu-net.com/tourist/naka/FM20160115-042480.php

 (投稿者 Anonymous さん : 2016年01月16日)

裏磐梯に「大型観光駐車場」

 北塩原村は、観光振興の新たな拠点として同村桧原剣ケ峯で進めてきた大型観光駐車場の整備を昨年末までに完了、4月から利用を開始する。小椋敏一村長が7日、福島民友新聞社を訪れ、明らかにした。

 裏磐梯観光施設再生整備事業の一環。村は旧ホテル「国民宿舎五色沼」跡地を買い取り、観光駐車場を整備した。事業費は約7200万円。収容台数は乗用車100台、大型バス6台。

http://www.minyu-net.com/news/news/FM20160108-040683.php

 (投稿者 Anonymous さん : 2016年01月09日)

4180人を2016円で宿泊優待 飯坂温泉キャンペーン

 福島市の飯坂温泉旅館協同組合は5日から、来年の2016(平成28)年にちなみ抽選で4180(よいやど)人を2016円(税別)で同温泉の旅館・ホテルに招待する「飯坂温泉よいやどキャンペーン2016泊まらんしょ!」を展開する。応募は30日まで。

 毎年恒例の謝恩企画で、例年は1月に募集していたが今年は2カ月早める。今回は34軒の旅館・ホテルが参加する。当選者は2月14日から4月27日のいずれか1日、2016円で宿泊できる。当選者のほかに1人以上の同伴者が宿泊することが応募の条件。同伴者は各旅館が設定した料金(7000~2万円、税別)がかかる。宿泊日は当選の後、各旅館の予約状況などを踏まえ、希望に応じて決める。一部旅館では、休前日も宿泊可能。

 応募は往復はがきに郵便番号、住所、氏名(ふりがな)、年齢、性別、電話番号、希望旅館名を書き、郵便番号960―0201、福島市飯坂町字十綱町3、飯坂温泉旅館協同組合に送るか、同組合のホームページ(http://www.iizaka.com)から申し込む。問い合わせは同組合(電話024・542・4241)へ。

http://www.minyu-net.com/tourist/naka/FM20151105-025761.php

 (投稿者 Anonymous さん : 2015年11月06日)

「喜多方プレミアム宿泊券・ふるさと産品券」18日販売開始

 喜多方市は18日、市内で利用できる5000円分の宿泊と1000円分の産品購入をセットにした「喜多方プレミアム宿泊券・ふるさと産品券」5000枚を1枚3000円で販売する。
 全国のセブン-イレブン、ローソン、ファミリーマート、ミニストップ、サークルK・サンクス店舗のオンライン端末で同日午前10時から販売開始する。市のホームページからつながる特設ホームページが開設されており、購入手続きや利用方法、利用可能施設を紹介している。1人当たりの購入枚数の制限はない。宿泊券は市内の旅館、ホテル、農家民宿など46施設が対象、産品券は同市の商店や観光28施設で使える(15日現在)。県の旅行券との併用も可能。券の販売、利用可能期間は18日から来年2月まで。

http://www.minyu-net.com/news/topic/150618/topic5.html

 (投稿者 Anonymous さん : 2015年06月19日)

「宿泊+産品券」で誘客 喜多方市

 喜多方市は5日、市内で利用できる5000円分の宿泊と1000円分の産品購入をセットにした「喜多方プレミアム宿泊券・ふるさと産品券」5000枚を1枚3000円で販売すると発表した。全国のコンビニのオンライン端末で18日午前10時に販売を開始する。県が1日に発売した旅行券の半数近くが精算されず、無効になった問題を受け、同じコンビニ端末での購入手続きとなることから、市はトラブルのないよう販売委託する民間業者と対応策を協議している。

http://www.minyu-net.com/news/news/0606/news7.html

 (投稿者 Anonymous さん : 2015年06月07日)

宿泊費、最大2万円補助 いわき市が旅行クーポン券発行

 夏休み期間のファミリー層の観光誘客に向け、いわき市は30日から、宿泊料金を最大2万円補助する旅行クーポン券発行事業「幸せを運ぶIWAKIクーポンキャンペーン最大2万円割引!」をスタートする。市が18日、会見で発表した。
 クーポン利用期間は6月1日チェックイン~9月30日チェックアウト。6月末で終了する「ふくしまデスティネーションキャンペーン(DC)」から夏休みまで、継続的に交流人口増加を図る。2012(平成24)年度からの事業で、今回は国の「地域消費喚起・生活支援型交付金」を活用する。

http://www.minyu-net.com/news/topic/150519/topic3.html

 (投稿者 Anonymous さん : 2015年05月20日)

福島県、観光業界回復ヘプレミアム旅行券

 福島県は19日、東京電力福島第1原発事故の影響で低迷する観光業界の回復を図るため、6月1日に発売するプレミアム付き旅行券の発売期間と利用できる宿泊施設を発表した。
 コンビニエンスストア大手5社の情報端末で販売する宿泊券と、インターネットの大手宿泊予約サイトで発行されるクーポンがある。
 宿泊券は額面1万円と6000円の2種類が半額で購入できる。1人1泊ごとに1枚、一つの宿泊施設では2連泊までの制限がある。19日現在、県内のホテルなど632施設と福島県でのツアーを企画する県内外の旅行会社166社が登録している。6月1日~8月30日、8月31日~11月30日、12月1日~2016年2月29日に分けて発売する。
 クーポンは楽天トラベルなど四つの宿泊サイトで県内の宿泊施設を予約する際、宿泊代金に応じ最大1万円の割引が受けられる。1回の予約につき1枚利用できる。販売、割引適用期間はサイトによって異なり、それぞれ3期に分かれる。クーポンはサイトに登録された延べ1570施設のほとんどで利用できる。

http://www.kahoku.co.jp/tohokunews/201505/20150520_62005.html

 (投稿者 Anonymous さん : 2015年05月20日)


 コメントしてください
実際に体験した感想や、新しい情報等がありましたら、ぜひ投稿してください。








戻る

(C) 東北の旅ログ 2005-17