デリシャストマトファームカフェ(大崎市)

/ 宮城のグルメ


 コメント

<デリシャストマト>地域盛り上げに一役

「大崎市鹿島台デリシャストマトまつり」が5日、同市の旧鹿島台二小で開かれる。地域の名物として定着したデリシャストマトをアピールし、地域の盛り上げにつなげる初の試み。
 みどりの農協、市、大崎商工会などでつくる実行委員会が主催する。デリシャストマトを含む生トマトを3トン以上用意し、市価の2割引きで販売。水の中のミニトマトをすくう「トマトすくい」、トマトの早食い競争などを楽しめる。
 おいしいトマトの栽培方法を学ぶ教室、トマト農家での摘み取り体験なども実施。トマトの創作料理コーナーには、鍋やカレー、ラーメン、生ジュースなどのメニューを用意する。
 デリシャストマトは栽培が難しいとされる品種「玉光デリシャス」のうち、糖度が7度以上に達した個体を選び出す。

http://www.kahoku.co.jp/tohokunews/201606/20160604_12045.html

 (投稿者 Anonymous さん : 2016年06月05日)

デリシャストマトのお麦酒

 大崎市鹿島台の特産デリシャストマトで仕込んだ発泡酒「デリシャストマトのお麦酒(さけ)」が完成し、12日から販売している。鹿島台地域の酒販店、飲食店など計6店での限定販売。大崎市鹿島台観光協会がPR用のぼり旗を作製し、取扱店に配布し、季節・地域限定で楽しめる特産品「デリシャストマト」をバックアップしている。

http://www.osakitimes.com/R/index2.html

 (投稿者 Anonymous さん : 2015年06月19日)

鹿島台バイパスができて、町を通らずスイスイッと行けるようになっていましたよ。

 (投稿者 ぞう さん : 2015年05月30日)


 コメントしてください
実際に体験した感想や、新しい情報等がありましたら、ぜひ投稿してください。








戻る

(C) 東北の旅ログ 2005-17