レジオネラ菌

/ その他の温泉、トピックス等


 コメント

紀北の町営温泉でレジオネラ菌検出

 紀北町は、同町古里の町営きいながしま古里温泉の貯蔵タンク内から、基準値の18倍のレジオネラ菌が検出されたと発表した。浴槽からは検出されず、利用者の健康被害は報告されていないが、町は今月下旬まで温泉施設の営業を自粛する。発表によると、水質検査は1日に実施。当日朝に周辺で停電があり、タンク内の塩素濃度を調整するモーターが数時間止まったままになっていたことが原因とみられる。町はタンク内や配管を洗浄した上で再び水質検査を行い、レジオネラ菌が検出されなければ営業を再開する。

http://www.yomiuri.co.jp/local/mie/news/20160910-OYTNT50271.html

 (投稿者 Anonymous さん : 2016年09月12日)

湯船の中でオナラをするとどうなるのか

「腸内に存在する代表的な菌に大腸菌があり、オナラは腸内のガスが排出されるので当然オナラには大腸菌が含まれています。ですから、空気中と同じように湯船の中でオナラをすると大腸菌はお湯の中に広がっていきます。その大腸菌は、水や湯船程度の温度では死滅することはないので、水の中で漂うことになります」

http://news.livedoor.com/article/detail/11101044/

 (投稿者 Anonymous さん : 2016年01月25日)

混浴温泉で男女がタオルを巻いてはいけないワケ

バスタオル巻きで最初に問題になるのは、肝心な部分へのかけ湯がおざなりになりがちであるということである。バスタオルをめくって股間やお尻の穴をかけ湯でしっかり洗うことができるのか、というと、これは難しいだろう。

女性であれば尚更である。

男性などは浴槽の縁に蹲踞(そんきょ)の姿勢をとって、股間の前の部分だけ流して入浴する人をよく見かけるが、かけ湯で最もしっかり洗わないといけないのは、むしろ後ろのほうなのである。

http://www.mag2.com/p/news/28426

 (投稿者 Anonymous さん : 2015年09月07日)

銭湯でレジオネラ症、男性が死亡

 盛岡市向中野7丁目の入浴施設、銭湯岩手山の利用者が相次いでレジオネラ症となった問題で、盛岡市保健所は2日、入院していた同市の70代男性が死亡したと発表した。市保健所は同施設を原因施設と断定し、60日間の営業停止命令を出した。運営会社によると、同施設は廃業する。

http://www.iwate-np.co.jp/cgi-bin/topnews.cgi?20150603_1

 (投稿者 Anonymous さん : 2015年06月03日)


 コメントしてください
実際に体験した感想や、新しい情報等がありましたら、ぜひ投稿してください。








戻る

(C) 東北の旅ログ 2005-17