投稿へ 戻る

道の駅 鳥海 ふらっと(遊佐町)

/ 山形の観光旅行


 コメント

<集客力は県内一>

 山形県内の道の駅で最大の集客力を誇るのが、遊佐町の国道7号沿いに1997年4月にオープンした「鳥海 ふらっと」。カレイを客の目の前であぶって提供する鮮魚販売コーナーが名物だ。
 魚介のフライや煮付けなどの総菜も約20種類並ぶ。春が旬のサクラマス、鳥海山の伏流水が湧く海で育った夏の岩ガキといった地元食材は、行列ができるほどの人気商品となっている。

http://www.kahoku.co.jp/tohokunews/201801/20180126_53006.html

 (投稿者 Anonymous さん : 2018年01月26日)

うまのくそまんじゅう

 今回は、町地域おこし協力隊員が地元のお年寄りから製造方法を聞き、道の駅鳥海「ふらっと」(同町菅里)と共に復活させた名物まんじゅう(通称・うまのくそまんじゅう)の限定販売もあり、わずか10分ほどで完売した。

http://www.shonai-nippo.co.jp/cgi/ad/day.cgi?p=2017:12:30

 (投稿者 Anonymous さん : 2017年12月30日)

遊佐・高瀬小、道の駅鳥海で販売

 遊佐町立高瀬小の3年生12人が栽培した在来野菜「善吉菜(ぜんきちな)」を道の駅鳥海「ふらっと」(同町菅里)で販売し、買い物客に好評だった。

 善吉菜はアブラナ科の葉物野菜。見た目も味もチンゲンサイに似ており、漬物や煮付けなどにして食べる。8月下旬〜9月下旬に種をまき、11月下旬〜12月上旬に収穫。他品種の花粉が入らないように別の場所に植えて越冬させるなど、手間がかかることから、近年はごく一部の農家が自家用に育てている。

http://mainichi.jp/articles/20160121/ddl/k06/040/073000c

 (投稿者 Anonymous さん : 2016年01月21日)


 コメントしてください
実際に体験した感想や、新しい情報等がありましたら、ぜひ投稿してください。








戻る



(C) 東北の旅ログ 2005-18