アイルーム南三陸(南三陸町)

/ 気仙沼市・南三陸の宿


 コメント

被災地・南三陸に新たな宿泊施設

 東日本大震災で被災した宮城県南三陸町に新たな宿泊施設アイルーム南三陸が、6日オープンする。復興事業の関係者のほか、観光など幅広い利用を見込む。
 アイルームは建設会社「新」(東京)が、復興需要を見込んで2014年から気仙沼、大船渡、陸前高田の3市で相次いで展開。南三陸=同町入谷桜沢=が5カ所目となる。
 5日は住民向けの内覧会があった。重量鉄骨3階で、延べ床面積1136平方メートル。部屋はシングル58室と家族向けのダブル12室。長期滞在向けにミニキッチンや電子レンジも装備。駐車場は65台。宿泊料はシングル1泊6200円から(中長期宿泊割引あり)。

http://www.kahoku.co.jp/tohokunews/201512/20151206_12022.html

 (投稿者 Anonymous さん : 2015年12月07日)


 コメントしてください
実際に体験した感想や、新しい情報等がありましたら、ぜひ投稿してください。








戻る

(C) 東北の旅ログ 2005-17