岩手の温泉

/ 岩手の観光旅行


 コメント

42の「湯っこ」共通入浴券 盛岡・八幡平広域観光圏

 盛岡市の盛岡観光コンベンション協会(谷村邦久理事長)は20日、盛岡・八幡平広域観光圏共通入浴券「南部の湯っこ券2016」を発売する。盛岡近郊をはじめ、広い範囲の温泉施設で日帰り入浴を楽しむことができる。

 4枚つづりの1セット1800円。盛岡広域8市町と宮古市、岩泉町、秋田県鹿角市、小坂町で構成する同観光圏の42施設で、11月6日まで利用できる。

 盛岡市中ノ橋通のプラザおでってなど20カ所で、3500セット販売。利用条件は施設により異なる。問い合わせは同協会(019・621・8800)へ。

http://www.iwate-np.co.jp/cgi-bin/news.cgi?ec=20160520_1

 (投稿者 Anonymous さん : 2016年05月21日)

春の湯めぐり楽しんで 雫石温泉郷の共通入浴券発売

 雫石町のしずくいし観光協会(松原久美理事長)は4日から、町内の入浴施設で利用できる「雫石温泉郷共通入浴券」を発売する。

 同町にある温泉旅館やホテルなど16館の日帰り入浴に利用できる。1冊5枚つづりで、税込み2100円。同協会のほか、盛岡市の盛岡観光コンベンション協会など6カ所で販売する。1回の入浴に券が2枚必要な施設もある。利用期間は9月30日まで。

 同協会の徳田貴史さん(48)は「春の行楽シーズンに湯めぐりを楽しむには最適。町内には多種多様な源泉があるので、泉質を比べながら温まってほしい」と呼び掛ける。

 問い合わせはしずくいし観光協会(019・692・5138)へ。

http://www.iwate-np.co.jp/cgi-bin/news.cgi?ec=20160404_1

 (投稿者 Anonymous さん : 2016年04月05日)


 コメントしてください
実際に体験した感想や、新しい情報等がありましたら、ぜひ投稿してください。








戻る

(C) 東北の旅ログ 2005-17