福島の温泉

/ 福島の観光旅行


 コメント

福島・高湯温泉が「最高賞」 温泉総選挙、いわき湯本は特別賞

 全国の温泉地をランキングする「温泉総選挙2017」の表彰式は4日、都内で行われ、福島市の高湯温泉が最高賞の環境大臣賞に輝いた。本県関係ではいわき市のいわき湯本温泉も特別賞の「フラ女将(おかみ)賞」を受賞。多彩な魅力を持つ温泉を数多く有する本県にとって、今回の両温泉の受賞は今後の観光戦略に追い風となりそうだ。

http://www.minyu-net.com/news/news/FM20171205-225473.php

 (投稿者 Anonymous さん : 2017年12月05日)

500人に宿泊ギフト券 磐梯熱海温泉旅館協組が冬季企画

 磐梯熱海温泉旅館協同組合は、計500人に総額330万円分の宿泊ギフト券をプレゼントする第33回冬季企画を繰り広げる。

 申し込みは、はがきに郵便番号、住所、氏名、電話番号、年齢を記入し、郵送で郵便番号963―1309、郡山市熱海町熱海4の406、磐梯熱海温泉旅館協同組合宿泊ギフト券プレゼント係へ。

http://www.minyu-net.com/tourist/naka/FM20161027-122649.php

 (投稿者 Anonymous さん : 2016年10月28日)

3旅館選んで入浴 いわき湯本温泉「湯巡り事業」11月7日から

 いわき市のいわき湯本温泉の関係団体などでつくる「フラのまち宣言」推進委員会は25日、同温泉旅館の宿泊者を対象に、3旅館の日帰り入浴ができる湯巡り事業を11月7日から開始すると発表した。

 利用・購入できるのは、指定された12旅館の宿泊客で、湯巡りチケットは各宿泊先で販売。チケットは1300円(税込み)で12旅館のうち3旅館の温泉を楽しむことができる。限定1000枚、無くなり次第終了。有効期間は販売日から半年間。チケットには首にかけるとレイに見えるオリジナル「レイ手ぬぐい」が付く。利用可能旅館は次の通り。

 岩惣、いづみや、うお昭、こいと、斎菊、新つた、スパホテルスミレ館、古滝屋、美里、美笹、わ可ば、遊湯亭

http://www.minyu-net.com/news/news/FM20161026-122285.php

 (投稿者 Anonymous さん : 2016年10月26日)

福島県内、訪日客12倍でも宿泊稼働率36% 政策投資銀行

 日本政策投資銀行は20日までに、国内の訪日外国人数が3000万人を超え、県内の宿泊者数が2015(平成27)年度実績の約12倍に増えた場合でも旅館やホテルなど宿泊施設の定員稼働率は、県内全体で36.8%にとどまるとするシュミレーション結果を発表した。

 また、同行の調査によると、東北の宿泊施設で、外国人観光客から要望の多いホームページ(HP)の多言語化や無料Wi―Fi環境の双方を整備している県内宿泊施設は、調査対象の56施設のうち4%のみで、東北地方で最も低い比率だった。

http://www.minyu-net.com/news/news/FM20160421-067796.php

 (投稿者 Anonymous さん : 2016年04月21日)

31日から「リンゴ風呂」 飯坂温泉「乙和会」2日まで提供

 福島市の飯坂温泉のおかみでつくる「いいざか乙和会」は31日から来年1月2日までの3日間、宿泊客と日帰り入浴客を対象にそれぞれ各旅館・ホテルでリンゴ風呂サービスを行う。

 畠ひで子会長(穴原温泉・吉川屋おかみ)は「特産のリンゴの香りを楽しみながら、温泉を満喫してください」とPRしている。サービスを行う旅館・ホテルは次の通り。

 ▽宿泊=旅館清山、つたや旅館、栄楽、福住旅舘、昭泉閣、なかむらや旅館、ほりえや旅館、なかや旅館、青葉旅館、摺上亭大鳥、喜久屋旅館、旅館小松や、湯乃家、新亀、新松葉、入舟、花むら、吉川屋、おきな旅館、かじか荘
 ▽日帰り入浴=旅館清山、栄楽、福住旅舘、摺上亭大鳥、旅館小松や、おきな旅館

http://www.minpo.jp/pub/topics/odekake/2015/12/post_5203.html

 (投稿者 Anonymous さん : 2015年12月26日)

温泉街を彩る 岳温泉のイルミネーション

二本松市の岳温泉では、幻想的なイルミネーションが温泉街を彩っている。
点灯式では、岳温泉のメーンストリート「ヒマラヤ大通り」と「湯の森公園」に2万球のLEDライトが灯され、訪れた家族連れなどが、幻想的な光景を写真に収めていた。
イルミネーションは、来年の2月末までの毎日、午後5時から深夜まで灯され、訪れる温泉客を楽しませる。

http://www.news24.jp/nnn/news8659903.html

 (投稿者 Anonymous さん : 2015年12月24日)


 コメントしてください
実際に体験した感想や、新しい情報等がありましたら、ぜひ投稿してください。








戻る

(C) 東北の旅ログ 2005-17